1円スマホを買ってみた!

1円スマホを買ってみた!OCNセールの端末セット

OCNモバイルONEのセールで1円スマホを買ってみました。

 

買ったのは、文字が大きくて見やすいシンプルモードがある富士通の「arrows M05」(アローズ エムゼロゴ)です。

 

富士通 arrows M05

 

1円スマホと言うと、売れ残り機種の在庫一掃かな…という気もしますが、「arrows M05」のメーカーは、日本企業の富士通だし、今現在も、3万円〜4万円で売られている機種です。

 

セールとは言え、OCNモバイルONEでは、なぜ、ここまで安く売れるのでしょうか。

 

この記事では、OCNのスマホセットが安い仕組みを掘り下げてみました。

 

 

OCNモバイルONEのスマホ1円セール

NTTコミュニケーションズが運営するOCNモバイルONEでは…

 

  • 音声SIMプランの新コースに加入して、
  • スマホ本体をセットで購入すると、

 

スマホ本体の価格が大幅に安くなるセールを、不定期でやっています。

 

 

最安値は1円で、今回買った「arrows M05」をはじめ、セールのたびに、1円スマホが何機種か登場しています。

 

今まで、OCNのセールで販売された1円スマホだと、モトローラ、OPPO、ASUSなどの海外メーカーの端末より、国産メーカーの端末の方が、売り切れになってしまう確率が高いようです。

 

私が、「arrows M05」を買った時も、セール初日で、黒が売り切れになり、仕方なく白を注文しました。

 

1円スマホの仕組み なぜ安いの?

ドコモ、au、楽天、ビッグカメラ、ヨドバシカメラなどなど…1円端末を販売する思惑や仕組みは、各社によって違いますが、

 

OCNモバイルONEの1円スマホの場合は、もともと、端末を売って利益を取ろうとは思っていないからのようです。

 

OCNモバイルONEのスマホ販売主体は「gooSimseller」になっていて、NTTコミュニケーションズのグループ会社「NTTレゾナント」が担当しています。

 

1円スマホが安い仕組み

 

NTTレゾナンドは、ポータルサイト「goo」を運営する会社です。

 

なので、スマホ販売で利益を取らなくても、ポータルサイト「goo」を知ってもらえればいい、と考えており、その全体の戦略の中で、1円スマホも登場して来ています。

 

端末の販売では、利益がないとしても「gooを知ってもらえれば、メリットはある」というわけですね。

 

逆に、OCNモバイルONEを運営するNTTコミュニケーションズの側からみれば、音声SIMプランに加入して、セットで端末を購入する時のみ、スマホ本体の値段を安くすることで、OCNモバイルONEの会員拡大が狙えます。

 

スマホ本体を安く売れるNTTレゾナントに、端末の販売部分を任せることは、NTTコミュニケーションズ側にとってもメリットがあるというわけです。

 

さらに、もともと、NTTレゾナントは、IT機器の物販サイト「NTT-X Store」を運営しているので、物を仕入れて売る、というノウハウがあります。

 

そのノウハウを活かして「gooSimseller」では、スマホ本体を、メーカーから直で仕入れたり、ツテのある卸売業者から仕入れたりしているようです。

 

そんな背景もあるので、セールになると、1円スマホはもちろん、ハイエンド機も他と比べて安い価格で販売されています。

 

 

仕入れルートのあるNTTレゾナントが運営しているからか、「gooSimseller」では、格安SIMのセットスマホとしては珍しい中古の iPhoneの取り扱いもあります。

 

1円スマホを、すぐに解約したらどうなる?

OCNモバイルONEの1円スマホは、セール期間中に、音声SIMプランの新コースへの加入して、値段設定が1円のスマホをセットで買うと、本体価格が1円になるという仕組みです。

 

では、音声SIMプランの新コースを契約後、即解約したら、どうなるでしょうか。

 

OCNモバイルONEの音声SIMプランは、以前は、加入したプランを半年以内にやめると「解約違約金」がかかっていたのですが、

 

2019年11月20日以降、音声SIMプランの新コースでは、最低利用期間が無くなっているので、即解約でも、解約違約金がかからないようになっています。

 

ただし、初月で解約したとしても…

  • 1ヶ月分の月額利用料金
  • 契約事務手数料
  • simカード手配料

などはかかります。(合計で、5,000円ぐらい)

 

それでも、スマホ本体が1円であれば、お得のようにも感じますが、即解約は、NTTのブラックリストに入り、その後、NTT関係の会社と契約が出来なくなってしまうかもしれないので、全くおすすめしません。

 

ブラックリストに入らない最低利用期間は、明確にされていませんが、以前の最低利用期間が6ヶ月だったことを考えると、少なくとも、半年間は継続した方が良さそうです。

 

そんなわけで、即解約は、おすすめじゃないものの、メイン回線やサブ回線で、継続して使っていく回線を探しているなら、スマホ本体が安く手に入るので、OCNのセールは、めちゃめちゃおすすめです。

 

OCNモバイルONE

 

富士通の「arrows M05」は、スマホ初心者でも使いやすいシンプルモードが搭載されている機種でした。

 

らくらくスマホほどではないものの、シンプルモードに切り替えると、字が大きくなったり、画面がシンプルになったりするので、スマホが初めての両親や子供が使う機種としても良いかな…と思いました。