povoの新規は電話番号を選べる?引き継ぎの場合は、番号は変わる?

povo2.0は、新規で電話番号を選べる?

au 新プラン povo(ポヴォ)

 

au の新料金プラン「povo1.0」は、2021年9月に、基本料0円の「povo2.0」に進化しました。

 

「povo2.0」を契約するにあたって…

 

「自分の好きな電話番号を取得したい」

 

…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「povo2.0」では、基本的に、電話番号を選んだりすることは出来ません

 

 

povoで、新規契約をする時の電話番号

「povo2.0」で、新規契約をする時には、新しい電話番号がもらえますが、その番号は、空いてる番号が、機械的に割り振られるので、自分で好きな電話番号を選んだりすることは出来ません。

 

そもそも、電話番号は、廃止され、使われなくなったものは、一定期間をおいてリサイクルされます。

 

なので、povo を新規契約をする時も、070、080、090うち、どの3桁から始まる電話番号が割り振られるかは、契約手続きを進めてみるまでわかりません

 

「povo2.0」は、パソコンでも、スマートフォンでも、公式サイトから、申し込みに進んで行くと、povo2.0専用のスマホアプリのダウンロードを促されます。

 

その後の新規の申し込みは、スマホにインストールした「povo2.0アプリ」から手続きを進めていく形になります。

 

povo2.0公式サイトは、こちらから

 

好きな電話番号を取得したい場合

「povo2.0」では、電話番号を選べるサービスの提供はありませんが、auでは、「YOU選番号」というサービスを提供しています。

 

「YOU選番号」は、新規契約時や、電話番号変更時に、電話番号の下4桁を指定し、使える電話番号を検索できるサービスです。

 

0000、1111、9999など、4桁が全て同じ数字の番号は指定できませんが、覚えやすい番号や、語呂合わせなど、自分の好きな下4桁を指定できます。

 

「YOU選番号」の利用料は、新規契約時が330円(税込)で、電話番号変更時は無料です。

 

少し裏技的な方法になりますが、「povo2.0」 で、電話番号の下4桁を好きな番号にするには、「YOU選番号」を使って、いったん、au で契約して、その後、取得した電話番号を、「povo2.0」に引き継ぐ、というやり方もあります。

 

au から povo に引き継ぐと電話番号は変わる?

au から「povo2.0」へ移っても、基本的に、電話番号は変わりません

 

au から「povo2.0」へ移行するには、まずは、povo公式サイト 下の方に表示される「お申し込みボタン」を押します。

 

auからpovo2.0へ変更する時の画面

 

すると、上記のようなメニューが表示されるので、「au から povo2.0へ変更」を選んで、そこから、手続きを進めていくことになります。

 

au から「povo2.0」へ移行は、すでに取得済みの「au回線」の「au ID」を使い、povo2.0 用のアカウントを作って進めていくので、電話番号は、そのまま引き継がれます

 

ただし、auでの支払い方法などは引き継がないので、povo2.0 用に新しく設定が必要です。

 

povo にしたら、電話番号を変更したい

迷惑電話などが多いなどの理由で、au から「povo2.0」へ移行するにあたって「電話番号を変更したい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら、移行時に、電話番号を変更することは出来ません

 

また、「povo2.0」契約後も、電話番号を変更するメニューはありません。

 

したがって、au から povo への移行とともに、電話番号を変えたい場合は、いったん、auを解約して、新たに「povo2.0」を契約する方法をとるのがいいかもしれません。

 

「au ID」を引き継がず、povo の新規契約であれば、新しい電話番号が発行されます

 

もしくは、auで契約しているうちに、上記で説明している「YOU選番号」というサービスを使って、先に電話番号を変更しておいてから、povo への移行手続きを進め、変更済みの電話番号を引き継ぐ、というやり方もあります。

 

 

 

 

povo2.0 の料金プラン内容

基本料 0円
24時間データ使い放題 330円/1回
1GBデータ追加 390円(7日間)
3GBデータ追加 990円(30日間)
20GBデータ追加 2,700円(30日間)
購入データがない場合 通信速度128kbps
国内通話 22円/30秒(税込)
通話5分かけ放題 +550円(税込) / 月
(5分以内の国内通話かけ放題)
通話5分かけ放題 +550円(税込) / 月
(5分以内の国内通話かけ放題)
国内通話かけ放題 +1,650円(税込) / 月
(時間制限なしのかけ放題)
新規申し込み方法 オンラインのみ
(店頭受付なし)
povoへの移行手続き オンライン専用
(店舗では申し込めない)
ネットワーク auの4G/5Gネットワーク
公式サイト povo(ポヴォ)2.0公式サイト

 

「povo2.0」では、俗に「ギガ」と呼ばれている高速データ通信は、その都度、必要な容量を購入する形になっています。

 

例えば、「今日1日だけ、高速データ通信を使い放題にしたい」と思えば、330円で「24時間使い放題」を購入するといった具合です。

 

データ追加の項目の値段の横のカッコ内の日数は有効期限です。

 

有効期限が過ぎると、まだ、データ容量が余っていたとしても消えてしまうので、そこは、ちょっと注意が必要です。

 

なお、高速データ通信の購入がない場合でも、128kbpsの低速では、データ通信ができます。

 

128kbpsは、LINEの文字のやり取りは出来るのの、WEBサイトは、読み込みが非常に遅く、イライラするくらいの通信速度です。

 

You Tubeの動画なども、読み込み途中で止まったりするので、ほぼ閲覧できません。

 

povo(ポヴォ)2.0 の特徴

au の新料金プラン povo(ポヴォ)のコンセプトは、一人ひとりの毎日に合わせて、やりたいことをトッピングできる…です。

 

電話で長時間話す人もいれば、電話は、ほとんどしない人もいる。

 

外で1日だけ、大量にデータ通信をしたい日もあれば、ずっと自宅にいて、データ通信が、ほとんど必要ない日もある。

 

それぞれの使い方に合わせて、必要なサービスを必要な分だけ追加できる…そんな便利さを目指しているのが、au の新プラン、 povo(ポヴォ)です。

 

サービスを追加すると言えば、従来は、オプションと呼んでいましたが、もっと、きめ細かくサービスを提供していく予定だからか、呼び方も、オプションからトッピングに変えています。

 

povo2.0 のメリット

povo2.0は「トッピングで、やりたいことを追加できる」がコンセプトのプランなので、メリットも、トッピング関連が多くなっています。

 

さらに、「povo1.0」から、「povo2.0」になり、トッピングを何もしない状態での、基本料は0円になりました。

 

リモートワークで家にいる人も多くなって来たことから、使わなければ、月額0円に近い形で運用できるのは大きな魅力です。

 

0円運用もできる

厳密に言うと、ずっと0円で回線を維持するのは無理なのですが、最低料金だと、約6ヶ月間220円で回線を維持できます。

 

povo2.0は、使わなければ無料なのですが、180日間なんの利用もないと利用停止になってしまいます

 

ただし、何かしら有料トッピングをしたり、サービスを利用したりすれば、利用停止にはなりません。

 

そこで、利用停止にならない一番安い方法をチェックしてみると、「24時間smash.使い放題サービス」のトッピングが、1回220円です。

 

smash.は、au が提供するバーティカルシアターアプリです。音楽、ドラマ、アニメ、バラエティなど、いろいろな映像作品が見れます。

 

なので、180日に1回「24時間smash.使い放題サービス」のトッピングをすれば、220円で利用停止を回避できる、というわけです。

 

利用停止になる場合には事前に通知が来ます。利用停止になってから、30日が経過すると、契約解除になります。

 

このほか、通常、ユニバーサルサービス利用料(月間約3円)と、電話リレーサービス料(年間7円)もかかりますが、KDDIでは、当面、ほかの利用がなければ、この2つの料金は、請求しない方針のようです。

 

必要なオプションをトッピングで追加できる

povo(ポヴォ)のトッピングは、データをトッピングしたり、通話をトッピングしたり、コンテンツをトッピングしたり、さまざまなタイプが用意されています。

 

上記の「24時間smash.使い放題」以外で使えるトッピングは、以下の通りです。

 

  • 5分かけ放題 550円/月
  • 通話かけ放題 1,650円/月
  • 24時間データ使い放題 330円/1k回
  • データ追加1GB 390円(7日間)
  • データ追加3GB 990円(30日間)
  • データ追加20GB 2,700円(30日間)
  • データ追加60GB 6,490円(90日間)
  • データ追加150GB 12,980円(180日間)
  • DAZN使い放題 760円(7日間)
  • スマホ故障サポート 830円/月

(価格は税込)
(2021年10月現在)

 

「通話かけ放題」は、時間制限なく、国内電話の通話料が無料になるトッピングです。(一部対象外になる電話番号もあります)

 

注目は、220円払えば、1日24時間だけ、データが使い放題になるトッピング。

 

Wi-Fiが使えない環境で、どうしても、大量にデータ通信をしなければならない日がある…というような場合に便利です。

 

さらに、大容量のデータを使うユーザー向けでは、180日間で、150ギガバイトが使えるトッピングも用意されています。

 

料金は、12,980円なので、月平均で計算してみると、月間25GBが、月額2,163円で使えることになります。

 

テザリングは無料で使える

さらに、今回の「24時間データ使い放題」のトッピングでは、テザリングも追加費用無しで、使い放題になってます。

 

テザリングが無料なら、PCやタブレットを、スマホ経由で、au 回線に繋いで、動画を視聴したり、オンライン会議に参加したり出来ます。

 

eSIMにも対応

「povo2.0」は、従来型のSIMカードはもちろん、スマートフォン本体に、あらかじめ埋め込まれた形式のSIM「eSIM」にも対応しています。

 

二年縛りや違約金なし

povo(ポヴォ)は、二年契約で安い値段にしている料金プランではないので、すぐに、解約してしまうことによる違約金などはありません。

 

また、povo、UQモバイル、au の料金プランの間での変更手数料も無料です。

 

 

ただし、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料」などは、一度請求されて、翌月の月額料金から、割り引きされる形になるとのことです。

 

なお、ほかのキャリアからのMNP乗り換えによる手数料も、2021年4月以降、随時、無料化される予定になっています。

 

ギガ活でギガを増やせる

「povo2.0」では、ギガを購入する以外で、ギガをチャージできる「ギガ活」というサービスが始まりました。

 

ギガ活は、「もらう」「さがす」「あたる」でギガを増やせるサービスです。

 

ギガ活の公式サイトは、こちら

 

ギガをもらう

対象店舗で、一定金額以上の「auPay決済」をすると、ギガがもらえたりします。

 

どのお店で、いくら購入すると、どれぐらいのギガがもらえるのかは、公式サイトで公開されています。

 

ギガをさがす

街中や、ネットのバーチャル空間で、ギガを探し当てると、ギガがもらえます。

 

ギガがあたる

対象の店舗で買い物したり、対象のオンラインサービスを利用したりすると、抽選でギガが当たります。

 

povo2.0 のデメリット

「povo2.0」は、既存の料金プランと全く違い、基本料0円、トッピングで、自分に合うサービスになるように、カスタマイズしていくプランです。

 

特に、データに関しては、月額料金という考え方ではなく、足りなくなりそうになったら、その都度、必要な容量を追加購入する、という考え方になっています。

 

データ購入は、アプリから、簡単に出来るようにはなっていますが、その都度、アクションを起こさなければならないので、人よっては、この部分が、面倒くさく感じるかもしれません

 

そのほか、注意しておきたい povo2.0 のデメリットは以下の通りです。

 

申し込みはオンライン専用

「povo2.0」は、新規申し込みやプラン変更を、ネット経由のみにして、安い値段を実現しているプランです。

 

なので、auショップなどでの店舗受付はありません

 

サポートも基本的には、オンラインのみで、アプリ経由のオンラインチャットで受付ています。

 

パソコンを持っている人向けでは、PCのチャットお問い合わせ窓口もあります。

 

キャリアメールは使えない

「povo2.0」では、既存のプランで使えていたようなキャリアメールはありません。

 

au のキャリアメールは「〜@au.com」や「〜@ezweb.ne.jp」で終わるメールアドレスのことです。

 

サイトへの登録や、仕事の連絡に、キャリアメールを使っている方は…

 

  • Google の「Gmai」
  • Apple の「iCloudメール」
  • ヤフーの「Yahooメール」

 

など、代替のメールサービスに切り替える必要があります。

 

povo では、家族割は使えない

「povo2.0」では、その他の割引サービスとの併用は出来ないので、基本的には、家族割にも、家族割プラスにも加入できません。

 

au で家族割を使っている方へ

家族の中で、1人が「povo2.0」に変更してしまうと、家族回線としてカウントされていた回線数が減り、月額料金アップする場合があるので注意が必要です。

 

auかんたん決済が使えない

「povo1.0」では「auかんたん決済」が使えたのですが、「povo2.0」になり「auかんたん決済」は使えなくなりました。

 

povo では、スマートバリューは使えない

「povo2.0」は、基本的に、ほかの割引サービスとの併用ができないので、auのスマートバリューも使えなくなります。

 

そのため、家のインターネット回線も「au ひかり」にして、スマートバリューに申し込んで、スマホの月額料金の割引を受けていた場合には、その適用が無くなります。

 

povo2.0 では、au の契約期間は引き継げない

au では、契約年数に応じて「長期優待ポイント」として、Pontaポイントがプレゼントされたりしますが、「povo2.0」に乗り換えると、au の契約期間は、引き継げず、いったん、リセットされてしまいます。

 

留守番電話などのオプションサービスは使えない

留守番電話をはじめ、「povo2.0」では、auで提供している以下ようなオプションサービスは使えません。

 

  • 留守番電話サービス
  • 三者通話サービス
  • 迷惑電話撃退サービス
  • 割込通話サービス
  • ボイスメールサービス

 

povo2.0 は海外では使えない

ドコモの ahamo は、海外で使えるローミングサービスがありますが、「povo2.0」は、海外では使えません。

 

povo 対応の iPhone

Apple の iPhoneシリーズで、「povo2.0」の対応機種として発表になっているのは、以下の通りです。

 

「eSIM」搭載のiPhone
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
「eSIMなし」のiPhone
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

 

povo 対応のAndroid端末

「povo2.0」で使えるAndroid端末の最新情報は、公式サイトの以下のページで確認できるようになっています。

 

povo2.0の対応端末

 

上記のページでは…

  • au で販売した端末
  • docomoで販売した端末
  • SoftBankで販売した端末
  • UQ mobileで販売した端末
  • SIMフリー端末

 

など、スマートフォン本体の購入先ごとに、対応端末がわかるようになっています。

 

また、SIMフリーは、SIMフリーだけで、対応端末が一覧でまとめられています。

 

povo(ポヴォ)の名前の意味

povo(ポヴォ)は、以下の2つの単語を合わせた造語です。

 

point of view(新たな視点)英語

 

ab ovo(卵から, 最初から)ラテン語

 

1つ目の「ポイント・オブ・ビュー」は英語ですが、2つ目の「アブオボ」は、ラテン語で、卵から、とか、最初から、という状況を表す意味の言葉です。

 

KDDI が上の2つの単語を合わせることで、名前に込めたメッセージは…

 


新たなる視点によるサービスの誕生、そして、成長

 

ということですので、今までと、全く違った視点でサービスを展開していこう、というような意気込みがうかがえます。

 

 

 

 

その他のキャリアの新料金プラン2021