デュアルSIM にデメリットはある?iPhoneやAndroidの人気機種も紹介中〜

デュアルSIM にデメリットはある?

1つの携帯電話に、SIMカードを2枚入れて使うことが出来るのが、デュアルSIM対応のスマートフォンですよね。

 

 

音声通話付きのプランを2回線契約すれば、通常、SIMカードは2枚になりますが、デュアルSIM対応のスマホなら、SIMカードが2枚挿せるので、1台のスマホで、電話番号を2つ使うことが出来ます。

 

さらには…

  • 1枚目のSIMカードは、キャリアの電話番号付き音声プランを契約して、
  • 2枚目のSIMカードは、格安SIMのデータ通信専用のプランを契約する

…というような使い方も可能です。

 

このように…

 

  • 仕事とプライベートで電話番号を分けたり
  • データ通信は格安SIMのプランにすることにより、月額料金を安くしたり、と、

 

使っていく上で、いろいろとメリットの多いデュアルSIMのスマートフォンですが、なにかデメリットはあるのでしょうか?

 

ここでは、デュアルSIM対応のスマートフォンの購入前に、チェックしておきたいデメリットをまとめました。

 

 

デュアルSIMスマホのデメリット

デュアルSIMのスマートフォンには、SIMが2枚入るものの、2枚同時に使うことは出来ず、その都度、SIMを切り替えて使うタイプもあります。

 

2枚のSIMとも電話番号がある場合でも、1つの電話番号しか有効に出来ないので、DSSS(デュアルシム シングルスタンバイ)と呼ばれています。

 

これに対して、3G通信と4G通信を同時に待ち受けが出来るタイプが、DSDS(デュアルシム デュアルスタンバイ)で、

 

2枚のSIMとも、4G通信で同時に待ち受けが出来るタイプが、DSDV(デュアルシム デュアルボルテ)です。

 

以下にピックアップしたデメリットは、主には、現在、主流になりつつある「DSDS方式」や「DSDV方式」のスマホのデメリットになります。

 

バッテリーの消費が早い

「DSDS方式」や「DSDV方式」のスマホは、2回線の同時待ち受けが出来るので、SIMが1枚のスマホより、バッテリーの減りが早くなります。

 

そのため、充電頻度が多くなってしまうのが嫌な場合には、デュアルSIMスマホの購入前に、バッテリーが大容量かどうかをチェックしておきましょう。

 

もしくは、あらかじめ、モバイルバッテリーを持ち歩く体制を整えておくのもおすすです。

 

なお、24時間、SIM2枚で、2回線同時待ち受けにする必要がなければ、あまり需要じゃない方のSIMの回線をオフにしておくことで、バッテリー消費を抑えることは出来ます。

 

周波数が合わなくて、使えないこともある

SIMフリーのスマホや、SIMロック解除したスマホであれば、基本的には、どの回線のSIMカードでも使えます。

 

ただし、各キャリアには、総務省により、それぞれ使える周波数(バンド)が割り当てられています。

 

例えば、4G通信に割り当てられている周波数は、以下の表のようになっています。

 

周波数帯 700MHz 800MHz 800MHz 900MHz 1.5GHz 1.5GHz 1.7GHz 2.1GHz 3.5GHz
バンド 28 18/26 19/26 8 11 21 3 1 42
ドコモ
au
SoftBank
楽天

※表がはみ出ている場合は、横にスクロール出来ます

 

上記は、4Gのみですが、3G、5Gにも、各キャリアに割り当てられている周波数があります。

 

そして、デュアルSIMのスマートフォンも、それぞれの機種により対応している周波数があります。

 

そのため、周波数を何も気にしないで、デュアルSIMのスマホを買ってしまうと、使いたい回線の周波数に対応していなくて、上手く繋がらなかった…ということも起こりえます。

 

スマホが対応している周波数は、その製品のスペック表を見れば、記載されているので、使いたい回線の周波数に対応しているかどうか、事前にチェックしておくのがおすすめです。

 

通話中にネットは出来ない

「DSDS方式」や「DSDV方式」のデュアルSIMスマホは、2枚のSIMで、2回線同時待ち受けは出来るものの、通話をしながらネットを見たりすることは出来ません。

 

スマホの2台持ちなら、1台のスマホで通話をしながら、もう1台のスマホで、ネットを見ることも可能なので、この部分は、デュアルSIMスマホのデメリットになります。

 

なお、同じデュアルSIMのスマホでも、DSDA(デュアルシム デュアルアクティブ)に対応しているスマホなら、通話をしながら、ネットを見ることも可能です。

 

ただし、「DSDA方式」のデュアルSIMスマホ、Huawei(ファーウェイ)の「P30」など、まだ、機種は少なめです。

 

 

 

 

デュアルSIMのメリット!こんな便利な使い方も

  • 仕事と個人で電話番号を分けたり、
  • 通話専用とデータ通信専用で、SIMカードを分けたり

…といったようなデュアルSIMのメリットは、冒頭で触れましたが、ここでは、それ以外に、「こんな便利な使いかもある」っていうデュアルSIMのメリットを紹介します。

 

ツインアプリが使える機種もある

ツインアプリは、1台のスマートフォンで、同じアプリが2つ使える機能です。

 

ツインアプリ、デュアルアプリ、アプリクローンなど、メーカーにより機能の呼び方は、いろいろですが、主に、海外メーカー製のスマホの一部に搭載されています。

 

ツインアプリに対応しているデュアルSIMスマホだと、LINE、Twitter、Facebookなど、通常は、1台で1つしか使えないSNSアプリが、1台で2つ使えます。

 

SNSアプリの新規登録では、電話番号を入力したりしますが、デュアルSIMスマホなら、電話番号が2つ使えるので、SNSアプリも、それぞれの電話番号で登録できるというわけです。

 

具体的には、例えば、デュアルアプリに対応してる「Xiaomi Redmi 9T」で、

 

LINEのアプリを2つ使いたい場合には、

 

設定のアプリメニューから、デュアルアプリの管理メニューに入っていき、LINEのスイッチをオンにします。

 

 

デュアルアプリのスイッチ画面

 

LINEのデュアルアプリのスイッチをオンにした状態

 

すると、ホーム画面にLINEアプリが複製され、LINEアプリが2つになります。

 

デュアルアプリでLINEを2つにした状態

 

このように、ツインアプリ(デュアルアプリ)機能では、アプリを2つインストールするのではなくて、アプリを複製することにより、2つ使えるようになります。

 

複製されたアプリには、黄色いアイコンマークが付きます。

 

複製されたLINEには、2つ目の電話番号でアカウントを作ってログインすれば、例えば、仕事用のLINEと、プライベート用のLINEで、アカウントを分けることも可能です。

 

今のところ、iPhone では、ツインアプリに対応している機種はありませんが、iPhoneで、2つのLINEを使う場合については、以下の記事でまとめてありますので、気になる方は、そちらをご覧下さい。

 

 

 

SIMが2枚使えると、海外で使う時に便利

日本国内で発行されたSIMの国際ローミングを使って、海外でスマホを使う時には、思っていたよりも、費用が高額になる場合があります。

 

そんな時、デュアルSIMスマホなら、日本国内でメインで使っているSIMカードはそのままに、サブのSIMカードを、現地で、海外旅行者向けに販売されているプリペイドSIMカードに差し替えることが出来ます。

 

周波数が対応しているかどうかは確認する必要がありますが、スマホは1台のまま、現地のSIMが使えるので、料金を安くおさえることが出来ます。

 

デュアルSIMスマホは、eSIMに対応している機種もある

デュアルSIM対応のスマホは、SIMカードが2枚入る機種のほかに、1枚は、物理的なSIMカード、もう1つは「eSIM」を搭載している機種もあります。

 

「eSIM」は、スマホ本体内蔵型のSIMで、契約者情報などが入ったプロファイルを書き込んで使います。

 

プロファイルは、契約会社から、QRコードなどで、ダウンロードして書き込めるので、すぐに使い始めることが出来ます。

 

例えば、Apple の iPhone シリーズでは、iPhone XS 以降、物理カードの「nano SIM」に加えて「eSIM」を搭載しています。

 

「IIJmio」などの格安SIMでは、「eSIM」向けにデータ通信専用プランを、お得な料金で提供していたりもするので、そういったプランを活用すれば、月々の運用コストを、かなり低くおさえることが出来ます。

 

デュアルSIMのスマホで、組み合わせる料金プランについては、別記事にまとめてありますので、どのプランがいいか検討中の方は、以下をの記事をご参照下さい。

 

 

デュアルSIMスマホの人気機種は?

デュアルSIM対応のスマートフォンは、日本製では、まだ、種類が少なめなものの、海外製では、1万円台の後半から買える端末も登場しています。

 

以下は、「価格.com」のスマートフォン人気ランキングで、デュアルSIM対応の機種だけに絞り込んだ場合の人気ランキングです。

 

過去30日間の順位の推移グラフもあるので、端末を選ぶ際の参考にどうぞ。

 

メーカーの公式サイトへのリンクや、「価格.com」の製品詳細ページへのリンクもあります。

 

順位更新日:2022/10/07

 


Google Pixel 6a

「Google Pixel 6」の廉価版に位置づけられるミドルレンジスマートフォン。「Google Pixel 5a」までの「Pixel aシリーズ」では、コストダウンのためか、見た目の安っぽさがありましたが、「Google Pixel 6a」では、外観デザインや質感など、見た目の部分は、ほぼ「Google Pixel6」と同じ感じに仕上がっています。物理カードの nano-SIM と eSIMで、デュアルSIMに対応。Google公式ストアに加えて、auや、Softbank でも取り扱いがあります。



過去30日間のランキング推移

価格帯
45,799円〜53,900円
メーカー
Google
発売日
2022年7月28日
バッテリー容量
4410mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
eSIM と nanoSIM
画面サイズ
6.1インチ(au版は6.14インチ)
おサイフケータイ
iPhone SE (第3世代)

iPhone8 のTouch ID 搭載のホームボタンを引き継ぎ、コスパに優れた特徴を持つ「iPhone SE シリーズ」の第3世代。ストレージ容量は、第2世代と同じく、64GB、128GB、256GBの3つのモデルがあり、SIMフリー版が、Apple Store で発売されるほか、ドコモ、au、UQモバイル、ソフトバンク、ワイモバイル、楽天モバイルでも取り扱いがあります。なお、一括払いで購入する場合、発売当初は、Apple Store と 楽天モバイルが、一番安い価格設定になっています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
43,307円〜84,800円
メーカー
Apple
発売日
2022年3月18日
バッテリー容量
情報待ち
恐らく2000mAh前後
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
4.7インチ
おサイフケータイ
Apple Pay
AQUOS sense6

「ちょうどいい性能」をコンセプトにシャープが展開している「sense」シリーズの6代目「AQUOS sense6」。ディスプレイは、シリーズ初となるIGZO有機ELディスプレイを採用しながらも、従来機種より、ボディが少しスリムになっています。nanoSIMに加え、eSIMも搭載し、楽天モバイル版、au版、SIMフリー版で、デュアルSIMに対応。ただし、ドコモ版だけは、eSIMの非搭載なので、デュアルSIMでは使えません。



過去30日間のランキング推移

価格帯
35,799円〜68,833円
メーカー
シャープ
発売日
2021年11月4日
バッテリー容量
4570mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ
おサイフケータイ
OPPO Reno5 A

4眼カメラ搭載!OPPO Renoシリーズの5G対応スマートフォン。SIMフリーモデル、楽天モバイルモデル、ワイモバイルモデルの3タイプがありますが、nano-SIM と eSIMで、デュアルSIMに対応しているのは、SIMフリー版と楽天モバイル版です。



過去30日間のランキング推移

価格帯
25,863円〜39,800円
メーカー
OPPO
発売日
2021年6月3日
バッテリー容量
4000mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.5インチ
おサイフケータイ
iPhone 14 Pro

2022年9月16日(金)発売。iPhone14シリーズの Proモデルでは「見たこともないiPhone操作システム」ということで、従来、画面上部にあったノッチ部分が、楕円形のパンチホールになり、ダイナミックアイランド(Dynamic Island)という新機能が搭載されています。ダイナミックアイランドは、パンチホールを中心に、着信や通知はもちろん、音楽再生情報や、スポーツスコアなどなど、さまざまな情報が、動的に表示される新システムです。パンチホール部分に、タイマーを表示したり、道案内を表示させたりすること出来ます。



過去30日間のランキング推移

価格帯
149,800円〜258,000円
メーカー
Apple
発売日
2022年9月16日
バッテリー容量
3,200mAh
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ
おサイフケータイ
Apple Pay
Xperia 5 IV

日本を含めワールドワイドで発売される「Xperia 5 IV」は、ミドルレンジモデル「Xperia 10 IV」の上位に位置づけられるハイエンドスマホ。「手の中に感動を。」のキャッチコピーどおり、手が小さい人でも、片手で楽に握れるくらいコンパクトサイズです。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4大キャリアで発売され、どのキャリアのモデルも、nanoSIM と eSIM でデュアルSIMに対応しています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
−円
メーカー
SONY
発売日
2022年10月21日
バッテリー容量
5000mAh
デュアルSIM方式
DSDS DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ
おサイフケータイ
公式サイト
Xperia 5 IV 公式サイト
OPPO Reno7 A

2022年6月23日発売!おサイフケータイや防水はもちろん、日本人が好むデザインなど、日本向けに特化した設計が好評の「OPPO Reno A」シリーズの第4世代モデル。nanoSIM と eSIMに対応していますが、SIMカードスロットは、「排他的デュアルSIMスロット」を搭載しているモデル(SIMフリー版など)と、「シングルSIMスロット」を搭載しているモデル(au、ワイモバイル版など)があります。



過去30日間のランキング推移

価格帯
30,982円〜44,800円
メーカー
OPPO
発売日
2022年6月23日
バッテリー容量
4500mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
eSIM と nanoSIM
画面サイズ
6.4インチ
おサイフケータイ
moto g52j 5G

2022年6月3日発売!モトローラ社製のスマートフォンとしては、初めて日本のおサイフケータイに対応した「moto g52j 5G」。nanoSIM と eSIM を搭載し、DSDV方式でのデュアルSIMに対応しています。3万円台の値段ながらも、バッテリー容量は5000mAh、高速5G通信に対応し、IP68相当の防水・防塵性能をサポートしています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
34,000円〜1,000,000円
メーカー
MOTOROLA
発売日
2022年6月3日
バッテリー容量
5000mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
eSIM と nanoSIM
画面サイズ
6.8インチ
おサイフケータイ
iPhone 14

今までのiPhoneファミリーの中では、過去最長のバッテリー駆動時間となった iPhone14シリーズの無印モデル。2022年9月16日(金)発売。見た目は、iPhone13 とあまり変わらず、SoCも、iPhone13 と同じ「A15 Bionicチップ」が搭載されているものの、グラフィックスプロセッサのGPU は、iPhone13 が4コアだったのに対して、iPhone14 では、5コアを採用しています。5コアGPUは、iPhone13シリーズでは、Pro と Pro MAX に搭載されていたタイプでです。



過去30日間のランキング推移

価格帯
119,800円〜181,800円
メーカー
Apple
発売日
2022年9月16日
バッテリー容量
3,279mAh
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ
おサイフケータイ
Apple Pay
公式サイト
iPhone 14 公式サイト
iPhone 13 mini

片手でスマホを操作したい人に好評!手のひらサイズのiPhone 13 mini。iPhone 13 と比較すると、画面サイズが6.1型から5.4型になり、バッテリー容量も少し小さくなっていますが、その分、安く買えるようになっています。SIMは「nanoSIM」に加え、「デュアルeSIM」にも対応しているので、「eSIM」だけでも、DSDS運用が可能です。



過去30日間のランキング推移

価格帯
89,800円〜200,000円
メーカー
Apple
発売日
2021年9月24日
バッテリー容量
2,406mAh
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
5.4インチ
おサイフケータイ
Apple Pay