デュアルSIMのメリット・デメリット!スマホ通信障害の対策にも

デュアルSIMのメリット・デメリット!スマホ通信障害の対策にも

1台のスマートフォンに、2種類のSIMカードを挿入できるタイプの機種を、デュアルSIM対応のスマートフォンと言います。

 

デュアルSIM対応のスマートフォン

 

携帯電話会社で、音声通話付きのプランを2回線契約すれば、通常、SIMカードは2枚になりますが、

 

デュアルSIM対応のスマホなら、SIMカードが2枚挿せるので、1台のスマホで、電話番号を2つ使うことが出来ます。

 

さらには…

  • 1枚目のSIMカードは、キャリアの電話番号付き音声プランを契約して、
  • 2枚目のSIMカードは、格安SIMのデータ通信専用のプランを契約する

…というような使い方も可能です。

 

このように…

 

  • 仕事とプライベートで電話番号を分けたり、
  • データ通信は格安SIMのプランにすることにより、月額料金を安くしたり、

 

と、使っていく上で、いろいろとメリットの多いデュアルSIMのスマートフォンですが、一方では、デメリットもあります。

 

この記事では、デュアルSIMスマホを買う前に知っておきたいメリット、デメリットをまとめました。

 

最後には、デュアルSIMスマホの人気機種も紹介しているので、購入を考えている方は、参考にしてみて下さいね。

 

 

デュアルSIMのメリット

デュアルSIMのスマートフォンには、SIMが2枚入るものの、2枚同時に使うことは出来ず、その都度、SIMを切り替えて使うタイプもあります。

 

このタイプは、音声SIMを2枚装着しても、1つの電話番号しか有効に出来ないので、DSSS(デュアルシム シングルスタンバイ)と呼ばれています。

 

これに対して、3G通信と4G通信を同時に待ち受けが出来るタイプが、DSDS(デュアルシム デュアルスタンバイ)で、

 

2枚のSIMとも、4G通信で同時に待ち受けが出来るタイプが、DSDV(デュアルシム デュアルボルテ)です。

 

以下にピックアップしたメリットは、主には、現在、主流になりつつある「DSDS方式」や「DSDV方式」のスマホのメリットになります。

 

スマホ1台で、仕事用とプライベート用で電話番号を使い分けられる

この記事の最初の方でも紹介しましたが、デュアルSIM対応のスマホなら、1台で電話番号を2つ使うことが出来ます。

 

スマホ1台で2つの電話番号が使えるので、仕事用とプライベート用で、電話番号を分けたとしても、スマホの2台持ちで、ごちゃつくことがありません。

 

通信障害の対策になる

デュアルSIM対応のスマホと使っていて「本当に良かった」と思うのは、実は、通信障害が起こった時です。

 

例えば、1回線目にドコモ回線、2回線目にau回線を選んでおけば、どちらかの回線に障害があった時でも、もう一方の回線で、ネットに繋いだり、電話したりすることが出来ます。

 

想像してもらえばわかりますが、連絡したい時に出来なかったり、ネットを見たい時に見れなかったりするのは、非常にストレスが溜まります。

 

なので、デュアルSIMのスマホで、2種類の違う会社の回線を契約しておけば、非常時のバックアップ回線になる、というわけです。

 

ツインアプリが使える機種もある

ツインアプリは、1台のスマートフォンで、同じアプリが2つ使える機能です。

 

ツインアプリ、デュアルアプリ、アプリクローンなど、メーカーにより機能の呼び方は、いろいろですが、主に、海外メーカー製のスマホの一部に搭載されています。

 

ツインアプリに対応しているデュアルSIMスマホだと、LINE、Instagram、Facebookなど、通常は、1台で1つしか使えないSNSアプリが、1台で2つ使えます。

 

SNSアプリの新規登録では、電話番号を入力したりしますが、デュアルSIMスマホなら、電話番号が2つ使えるので、SNSアプリも、それぞれの電話番号で登録できるというわけです。

 

具体的には、例えば、デュアルアプリに対応してる「Xiaomi Redmi 9T」で、

 

LINEのアプリを2つ使いたい場合には、

 

設定のアプリメニューから、デュアルアプリの管理メニューに入っていき、LINEのスイッチをオンにします。

 

 

デュアルアプリのスイッチ画面

 

LINEのデュアルアプリのスイッチをオンにした状態

 

すると、ホーム画面にLINEアプリが複製され、LINEアプリが2つになります。

 

デュアルアプリでLINEを2つにした状態

 

このように、ツインアプリ(デュアルアプリ)機能では、アプリを2つインストールするのではなくて、アプリを複製することにより、2つ使えるようになります。

 

複製されたアプリには、黄色いアイコンマークが付きます。

 

複製されたLINEには、2つ目の電話番号でアカウントを作ってログインすれば、例えば、仕事用のLINEと、プライベート用のLINEで、アカウントを分けることも可能です。

 

今のところ、iPhone では、ツインアプリに対応している機種はありませんが、iPhoneで、2つのLINEを使う場合については、以下の記事でまとめてありますので、気になる方は、そちらをご覧下さい。

 

 

 

SIMが2枚使えると、海外で使う時に便利

日本国内で発行されたSIMの国際ローミングを使って、海外でスマホを使う時には、思っていたよりも、費用が高額になる場合があります。

 

そんな時、デュアルSIMスマホなら、日本国内でメインで使っているSIMカードはそのままに、サブのSIMカードを、現地で、海外旅行者向けに販売されているプリペイドSIMカードに差し替えることが出来ます。

 

周波数が対応しているかどうかは確認する必要がありますが、スマホは1台のまま、現地のSIMが使えるので、料金を安くおさえることが出来ます。

 

デュアルSIMスマホは、eSIMに対応している機種もある

デュアルSIM対応のスマホは、SIMカードが2枚入る機種のほかに、1枚は、物理的なSIMカード、もう1つは「eSIM」を搭載している機種もあります。

 

「eSIM」は、スマホ本体内蔵型のSIMで、契約者情報などが入ったプロファイルを書き込んで使います。

 

プロファイルは、契約会社から、QRコードなどで、ダウンロードして書き込めるので、すぐに使い始めることが出来ます。

 

例えば、Apple の iPhone シリーズでは、iPhone XS 以降、物理カードの「nano SIM」に加えて「eSIM」を搭載しています。

 

iPhone13シリーズ、iPhone14シリーズ、iPhone15シリーズでは、eSIMに2回線分の契約情報を保存して、eSIMだけでもデュアルSIM運用できる「デュアルeSIM」に対応しています。

 

また、「IIJmio」などの格安SIMでは、「eSIM」向けにデータ通信専用プランを、お得な料金で提供していたりもするので、そういったプランを活用すれば、月々の運用コストを、かなり低くおさえることも出来ます。

 

デュアルSIMのスマホで、組み合わせる料金プランについては、別記事にまとめてありますので、どのプランがいいか検討中の方は、以下をの記事をご参照下さい。

 

 

 

 

 

デュアルSIMのデメリット

デュアルSIM対応のスマートフォンは、SIMが2つ使えて便利なのですが、その分、設定や管理が複雑になります。

 

電話をどちらのSIMで発信するかを設定したり、モバイルデータ通信は、どちらのSIMを優先するかを設定したり、

 

SIMが2枚ある分、設定箇所が多くなり、その分、ややこしくなる、というわけですね。

 

そのほかのデメリットについても、SIMが2つあることにより生じるものが多くなっています。

 

バッテリーの消費が早い

「DSDS方式」や「DSDV方式」のスマホは、2回線の同時待ち受けが出来るので、SIMが1枚のスマホより、バッテリーの減りが早く、充電頻度が多くなります。

 

なので、デュアルSIMスマホの購入前には、バッテリー容量を確認しておくのがおすすめです。

 

デュアルSIM対応のスマホで、人気の機種は、バッテリー容量が4000mAhを超えるものが多くなっています。

 

ただし、24時間、SIM2枚で、2回線同時待ち受けにする必要がなければ、あまり需要じゃない方のSIMの回線をオフにしておくことで、バッテリー消費を抑えることは出来ます。

 

この辺りは、それぞれの人のスマホの使い方によって変わってくる部分です。

 

もしも、デュアルSIMスマホを、実際に使い始めてみて、日中、バッテリーが途中で無くなって困ることがあるようでしたら、モバイルバッテリーを持ち歩く体制を検討してみてもいいかもしれません。

 

周波数が合わなくて、使えないこともある

SIMフリーのスマホや、SIMロック解除したスマホであれば、基本的には、どの回線のSIMカードでも使えます。

 

ただし、各キャリアには、総務省により、それぞれ使える周波数(バンド)が割り当てられています。

 

例えば、4G通信に割り当てられている周波数は、以下の表のようになっています。

 

周波数帯 700MHz 800MHz 800MHz 900MHz 1.5GHz 1.5GHz 1.7GHz 2.1GHz 3.5GHz
バンド 28 18/26 19/26 8 11 21 3 1 42
ドコモ
au
SoftBank
楽天

※表がはみ出ている場合は、横にスクロール出来ます

 

上記は、4Gのみですが、3G、5Gにも、各キャリアに割り当てられている周波数があります。

 

そして、デュアルSIMのスマートフォンも、それぞれの機種により対応している周波数があります。

 

そのため、周波数を何も気にしないで、デュアルSIMのスマホを買ってしまうと、使いたい回線の周波数に対応していなくて、上手く繋がらなかった…ということも起こりえます。

 

スマホが対応している周波数は、その製品のスペック表を見れば、記載されているので、使いたい回線の周波数に対応しているかどうか、事前にチェックしておくのがおすすめです。

 

通話中にネットは出来ない

「DSDS方式」や「DSDV方式」のデュアルSIMスマホは、2枚のSIMで、2回線同時待ち受けは出来るものの、通話をしながらネットを見たりすることは出来ません。

 

スマホの2台持ちなら、1台のスマホで通話をしながら、もう1台のスマホで、ネットを見ることも可能なので、この部分は、デュアルSIMスマホのデメリットになります。

 

なお、同じデュアルSIMのスマホでも、DSDA(デュアルシム デュアルアクティブ)に対応しているスマホなら、通話をしながら、ネットを見ることも可能です。

 

ただし、「DSDA方式」のデュアルSIMスマホ、Huawei(ファーウェイ)の「P30」など、まだ、機種は少なめです。

 

デュアルSIMスマホの人気機種は?

デュアルSIM対応のスマートフォンは、日本製では、まだ、種類が少なめなものの、海外製では、1万円台の後半から買える端末も登場しています。

 

以下は、「価格.com」のスマートフォン人気ランキングで、デュアルSIM対応の機種だけに絞り込んだ場合の人気ランキングです。

 

過去30日間の順位の推移グラフもあるので、端末を選ぶ際の参考にどうぞ。

 

メーカーの公式サイトへのリンクや、「価格.com」の製品詳細ページへのリンクもあります。

 

順位更新日:2024/05/17

 


Google Pixel 7a

「Google 7」の下位モデルに位置づけられる「Google Pixel 7a」ですが、チップセットは「Google 7 Pro / Google 7」と同じ「Tensor G2」が搭載されています。「Tensor G2」が本領を発揮するのはカメラ機能。上位モデルと同じチップセットを「Google Pixel 7a」でも使えるようにしたことで、あまり見劣りのしない写真が撮れるようになっています。2023年5月11日発売。SIMフリー版が「Googleストア」で買えるほか、キャリアでは、Docomo、au、ソフトバンクで取り扱いがあります。



過去30日間のランキング推移

価格帯
46,895円〜51,389円
メーカー
Google
発売日
2023年5月11日
バッテリー容量
4385mAh
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ(au版は6.14インチ)
おサイフケータイ
Google Pixel 8a

Google Pixel の aシリーズは、Pixel 7a までは、a が付かない無印モデルに対する廉価版のような位置づけでしたが、「Pixel 8a」では、基本スペックが「Pixel 8」とあまり変わらず、「Pixel 8」とほぼ同等の性能がお得に手に入るハイエンドスマートフォンに近づきつつあります。まず、CPUは「Tensor G3」で「Pixel 8」と全く同じ。メモリー8GB、ストレージ128GB/256GBも「Pixel 8」と同じです。ディスプレイも「Pixel 8」と同じグーグル独自の有機ELディスプレイ「Actua ディスプレイ」を、aシリーズとしては初めて搭載。ただし、メインカメラだけは、イメージセンサーが「Pixel 8」の方が大きく、「Pixel 8」に搭載されていた自然な色合いを再現するスペクトルセンサーや、照明のちらつきを防ぐフリッカーセンサーも「Pixel 8a」には搭載されていません。発売は2024年5月14日。物理カードのnanoSIMに加え、本体内部には、eSIM も搭載で、デュアルSIMに対応しています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
65,956円〜68,677円
メーカー
Google
発売日
2024年5月14日
バッテリー容量
4492mAh
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ(au版は6.14インチ)
おサイフケータイ
AQUOS sense8

シャープのミドルレンジスマートフォン「AQUOS senseシリーズ」の8代目。「ブレない快適さと、止まらない進化」できたらいいな、を「ひそかに解決」が謳い文句になっています。前モデルと比べると、重さは1gしか増えていないのに、バッテリー容量は、430mAh増量され、総容量が5000mAhになっています。カメラは、ミドルレンジとしては珍しい「光学手ブレ補正」を搭載。ディスプレイも、リフレッシュレートが90Hz対応になり、前モデルよりも、スクロールがスムーズになっています。nanoSIM に加え eSIM 搭載で、DSDV方式のデュアルSIMに対応。ドコモ、au、UQモバイル、楽天モバイルで取り扱いがあるほか、シャープ公式通販からSIMフリーモデルも発売されます。



過去30日間のランキング推移

価格帯
46,530円〜73,142円
メーカー
シャープ
発売日
2023年11月9日
バッテリー容量
5000mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ
おサイフケータイ
Galaxy S24

サムスン電子のフラッグシップモデルのシリーズとなっている「Galaxy Sシリーズ」の2024年ノーマル版。コンセプトは「AIフォン」で、AI機能を全面に打ち出したモデルとなっています。搭載されている AI は、サムスンが独自に開発した「Galaxy AI」で、処理をクラウドで行う「クラウドベースAI」はもちろん、クラウドを使わず端末のみで処理できる「オンデバイスAI」としての機能も兼ね備え、これにより、日本語や英語、韓国語、スペイン語など13カ国語に対応したリアルタイム翻訳機能や、手書きのメモや録音された音声をテキスト化する機能、さらには、画面内を指で囲い、囲われたオブジェクトをそのまま検索できる「かこって検索」なども使えます。カメラには「ProVisual engine」も搭載され、写真中の人物の角度調整をしたり、オブジェクトを移動しても、背景が自動生成されるなどのAI編集機能が使えます。



過去30日間のランキング推移

価格帯
132,000円
メーカー
サムスン
発売日
2024年4月11日
バッテリー容量
4000mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.2インチ
おサイフケータイ
公式サイト
Galaxy S24 公式サイト
Google Pixel 8

2023年10月12日発売。前モデルより、少しだけコンパクトサイズになった「Pixel シリーズ」第8弾無印モデル。重さも、「Google Pixel 7」よりも「Google Pixel 8」の方が10グラム軽くなっています。SoCは、「Google Tensor G2」から「Google Tensor G3」へグレードアップし、これは、上位機種「Google Pixel 8 Pro」と同じチップセットです。カメラは、2眼構成で、メインカメラは「50メガピクセルの広角」と「12メガピクセルのウルトラワイド」の2つを搭載。ウルトラワイドは、マクロ撮影にも対応しています。前モデルでは、OSアップデートの保証が5年間でしたが、「Google Pixel 8シリーズ」では、OSアップデート、セキュリティアップデート、「Feature Drops」アップデートの保証が7年間になっています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
81,433円〜730,000円
メーカー
Google
発売日
2023年10月12日
バッテリー容量
4575mAh
デュアルSIM方式
DSDS
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.2インチ
おサイフケータイ
Xperia 1 V

逆行や暗所にも強い新世代の大型センサー搭載で、画質がさらに進化。ソニーのフラッグシップモデル「Xperia 1シリーズ」の2023年モデル「Xperia 1 V」(エクスペリア ワン マークファイブ)。発売日は、Docomo、au、SoftBankのキャリアモデルが2023年6月以降、SIMフリーモデルが2023年7月以降です。なお、キャリアモデルは、5Gミリ波に対応していますが、SIMフリーモデルは、5Gミリ波には対応していません。



過去30日間のランキング推移

価格帯
169,400円〜181,744円
メーカー
SONY
発売日
2023年6月16日
バッテリー容量
5000mAh
デュアルSIM方式
DSDS DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.5インチ
おサイフケータイ
公式サイト
Xperia 1 V 公式サイト
OPPO Reno9 A

2023年6月22日発売!おサイフケータイや防水に対応し、日本向けにカスタマイズした設計が好評の「OPPO Reno A」シリーズの第5世代モデル。前作の「OPPO Reno7 A」から、大きな進化はありませんが、メモリが6GBから8GBに増え、動作性が向上しています。nanoSIM と eSIM で搭載で、DSDVに対応。前作の「OPPO Reno7 A」に引き続き、スピーカーはモノラルです。



過去30日間のランキング推移

価格帯
36,281円〜46,800円
メーカー
OPPO
発売日
2023年6月22日
バッテリー容量
4500mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.4インチ
おサイフケータイ
iPhone 15

定番のブラックに加え、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン、4色の優しいパステルカラーが用意された iPhone15シリーズの無印モデル。2023年9月22日(金)発売。前回まで、Proモデルにしか搭載されていなかったダイナミックアイランドが、無印モデルでも採用され、画面上部にあったノッチ部分は、楕円形のパンチホールになっています。内蔵ストレージは、128GB、256GB、512GBの3モデル。なお、iPhone15シリーズから、充電などに使う端子は「USB Type-C」が採用されています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
119,000円〜183,250円
メーカー
Apple
発売日
2023年9月22日
バッテリー容量
3,349mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.1インチ
おサイフケータイ
Apple Pay
公式サイト
iPhone 15 公式サイト
Redmi 12 5G

「機能も、見た目も、ちょい上」をキャッチコピーにしたシャオミのミッドレンジスマートフォン。2023年3月発売の「Redmi 12C」では、ネットワークは、4G LTE対応まででしたが、2024年10月に発売されたこの「Redmi 12 5G」では、5Gネットワークまで対応しています。なお、10月発売モデルは、メモリ4G、ストレージが128GBでしたが、12月には、メモリ8G、ストレージが256GBのモデルも追加で発売されています。ディスプレイは、6.8インチの大画面で、リフレッシュレートは、高速の90Hz。チップセットは、「Snapdragon 4 Gen」を搭載し、3Dゲームはあまり得意ではありませんが、原神など軽めのゲームなら、普通に遊べます。カラーは、ミッドナイトブラック、ポーラーシルバー、スカイブルーの3種類。nanoSIM と eSIMで、デュアルSIMにも対応しています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
19,634円〜34,800円
メーカー
Xiaomi
発売日
2023年10月6日
バッテリー容量
5000mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.8インチ
おサイフケータイ
公式サイト
Redmi 12 5G 公式サイト
Galaxy S24 Ultra

サムスン電子のAIアシスタント「Galaxy AI」を初搭載したフラッグシップスマートフォン「Galaxy S24」の Ultra(ウルトラ)版。Galaxy S24 のノーマル版と比べると、重さは 167g から 232g と、65g 重くなっているものの、画面サイズは、ノーマル版が 6.2インチ、ウルトラ版が 6.8インチで、ウルトラ版の方が0.6インチ大きくなっています。バッテリー容量は、ノーマルの 4000mAh から1000mAh 増量され、ウルトラでは 5000mAh。フレームは、ノーマル版はアルミニウムですが、ウルトラ版はチタニウムを採用。広角カメラの画素数は、ノーマル版が約5000万画素で、ウルトラ版は約2億画素。さらに、望遠機能は、ノーマル版では光学相当3倍までですが、ウルトラ版では、光学3倍・5倍、光学相当10倍に加え、デジタルズーム100倍まで対応しています。



過去30日間のランキング推移

価格帯
179,500円
メーカー
サムスン
発売日
2024年4月11日
バッテリー容量
5000mAh
デュアルSIM方式
DSDV
SIMの形状
nanoSIM と eSIM
画面サイズ
6.8インチ
おサイフケータイ