デュアルSIM最強の組み合わせ2022!楽天以外のおすすめはどこ?

デュアルSIM最強の組み合わせ2022!楽天以外のおすすめはどこ?

DSDVや、DSDSに対応した、デュアルSIMのスマートフォンも、年々、種類も増えて、使い勝手も良くなって来てますよね。

 

デュアルSIMのスマホなら、SIMカードが2枚入るので、1台のスマホで、電話番号が2つ持てる上、

 

回線の状況に合わせて、SIMカードを切り替えて使ったりすることも出来るので、バックアップ的にも安心です。

 

2枚のSIMの組み合わせですが、2022年6月30日までは、楽天モバイルが月間1GBまで0円で使えたので、2枚のSIMのうち1枚は、楽天モバイルにするが最強でした

 

ですが、楽天モバイルの料金プランは、月間1GBまでは0円で使えた「Rakuten UN-LIMIT VI」が2022年6月30日で終了し、

 

 

楽天アンリミット6の料金プラン内容

 

 

 

2022年7月1日からは、月間3GBまで1,078円で使える「Rakuten UN-LIMIT VII」がスタートしています。

 

 

楽天アンリミット7の料金プラン内容

 

 

(月間1GBまで0円だった部分は廃止に)

 

 

そこで、以下では、楽天モバイル以外を中心に、デュアルSIMのおすすめ組み合わせを紹介しています。

 

 

 

さらに、楽天モバイルの0円廃止を受けて、各社とも乗り換え先になろうと、お得なキャンペーンを展開していますので、それらも、まとめて紹介しています。

 

 

 

また、自分で条件を指定して、料金プランを探したい人向けには、以下の絞り込み検索もあります。

 

 

 

楽天モバイルを継続するか、解約するか迷っている人向けでは、新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」で継続する場合のメリットをまとめた記事もあります。

 

 

 

 

デュアルSIMとは?

 

dual(デュアル)は、二者の、とか、二重の、などの意味も持つ「2」を表す単語。

 

したがって、デュアルSIMでは、2枚のSIMカードの意味になり、デュアルSIM方式のスマホは、2枚のSIMカードスロットを持つスマホの意味で使われています。

 

DSDVやDSDSなど、デュアルSIMの方式による違いは、コチラで説明しています。

 

 

携帯電話でSIM2枚を使うことは、その方式名にちなんで、DSDV運用やDSDS運用と言われることもあります。

 

楽天以外のデュアルSIM最強の組み合わせは?

楽天モバイル以外を中心に、デュアルSIMのおすすめの組み合わせを紹介します。

 

ただし、どの組み合わせが最強かは「何を重視するのか」によっても変わるので、重視するもの別に、典型的に組み合わせを出してみました。

 

 

回線品質を重視!

 

安さを重視!

 

コスパ重視の2回線運用

 

 

2022キャリア新プラン 最強の組み合わせ

デュアルSIMで、回線の品質を重視するなら、やっぱり、キャリアとキャリアの料金プランを組み合わせるのが最強です。

 

2021年春、docomo、au、SoftBankの3大キャリアは、今までよりも、格段に安い新料金プランを出して来ました。

 

新料金プランのプラン名は…

 

  • ドコモが ahamo(アハモ)
  • au が povo(ポヴォ)
  • ソフトバンクが LINEMO(ラインモ)

です。

 

docomoの新プラン ahamo(アハモ)

 

 

 

auの新プラン povo(ポヴォ)

 

 

 

 

SoftBankの新プラン LINEMO(ラインモ)

 

 

 

楽天モバイル以外で、デュアルSIMの組み合わせを考えた時、「0円運用が出来て、以前の楽天モバイルの代わりになる」という意味では、やっぱり、au の Povo2.0 が、第一候補に上がってきます。

 

その上で、例えば、回線の品質を重視するなら…

 

ドコモの ahamo をメイン回線に選んで、au の Povo2.0 をサブ回線にする

 

というような組み合わせが考えられます。

 

この組み合わせなら、ドコモ回線とau回線の組み合わせなので、回線品質は国内最高峰になります。

 

 

また、月間20GBもデータ通信を使わない、という方なら…

 

ソフトバンクの LINEMO のミニプランと、au の Povo2.0 を組み合わせる

 

というパターンも考えられます。

 

この組み合わせなら、「月額990円(税込)で、月間3GBまでデータを使えて、電話番号が2つ使える」という運用が出来ます。

 

月間3GBでは、データが足りなくなった場合は、「Povo2.0」のデータトッピングで、必要なデータを購入することも出来ます。

 

Povo2.0のデータトッピング例

 

  • 24時間データ使い放題 330円(税込)
  • データ1GB追加(7日間) 390円(税込)
  • データ3GB追加(30日間) 990円(税込)

 

最強に安い!Povo2.0 と 格安SIMの組み合わせ

デュアルSIMの組み合わせとして、auの「Povo2.0」に格安SIMを組み合わせると、最強に安い料金で、ある程度のデータ通信も行えるスマートフォンが出来上がります。

 

例えば、eSIM 搭載の iPhone で、月間2GBを、月額440円で運用できるSIMの組み合わせを紹介します。

 

まず、iPhone の nano-SIMには、月額基本料0円の「Povo2.0」を契約して、これで電話番号を取得します。

 

auの新プラン povo(ポヴォ)

 

 

そして、iPhone の eSIM には、IIJmio(みおふぉん)のギガプラン から、eSIM 用の新料金プラン2GBを契約します。

 

 

 

もしも、電話は、ほぼ着信専用で、かけることはあまりないなら、上記の組み合わせで、

 


着信も、SMS認証もできる電話番号があって、データ通信が月に2GBまで使える iPhone を、月額440円

 

で運用できます。

 

日本通信には、月間1GBまでなら、月額290円で使える「合理的シンプル290プラン」があります。

 

月間1GBまでなら、日本通信の方が安いですが、日本通信のプランでは、月間1GBを超えると、1GB増えるごとに、月に220円がプラスされます。

 

月間2GBでは、510円(290円+220円)になるので、IIJmio の2GBプランの方が少しお得になっています。

 

 

さらに、電話もかけることがあるなら、「Povo2.0」には、以下の通話トッピングがあるので、契約を検討してみるといいかもしれません。

 

  • 国内5分かけ放題 月額550円
  • 通話かけ放題 月額1,650円

 

例えば、5分かけ放題なら、月額550円なので、IIJmioの月額440円と合わせて、月額990円で、国内通話5分かけ放題、データ通信は月間2GBまで使える iPhone が出来上がります。

 

 

お得に2回線運用!格安SIMと格安SIMの組み合わせ

各キャリアも新料金プランの登場で、月額料金が、かなり安くなって来ましたが、

 

それを踏まえて、格安SIMの各社も、料金を下げてきているので、月間データ量に対する値段で考えると、やっぱり、格安SIMの方がお得です。

 

しかも、格安SIMの場合は、月間の使用データ量を細かく区切った料金プランもあるので、自分のニーズに合わせて、ぴったりの料金プランを選ぶことが出来ます。

 

以下は、格安SIM各社の新料金プランの比較表です。

 

格安SIM 2022新料金プラン比較表

格安SIM各社の電話番号が取得できる音声SIMプランの月額料金比較表です。

 

赤字は、その月間データ量での最安値になっています。
(2022年7月 現在)

 

※スマホの場合、表を横にスクロールできます。

月間データ量 OCNモバイルONE IIJmio mineo BIGLOBEモバイル イオンモバイル エキサイトモバイル
0.5G 550円 803円
1GB 770円 1,298円 1,078円 858円
2GB 850円 968円
3GB 990円 1,320円 1,078円 1,210円
4GB 990円 1,188円
5GB 1,518円 1,298円
6GB 1,320円 1,870円 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,500円 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,760円 1,958円 1,848円
12GB 3,740円 1,650円
14GB
15GB 1,800円
17GB
20GB 2,000円 2,178円 5,720円 1,958円 2,068円
25GB 2,970円
30GB 8,195円 3,058円 4,400円
40GB 4,158円 7,700円
50GB 5,258円 11,198円
特徴 OCNモバイルONEの特徴 IIJmioの特徴 mineoの特徴 BIGLOBEモバイルの特徴 イオンモバイルの特徴 エキサイトモバイルの特徴

(料金は、2022年7月 現在)

 

総じて、OCNモバイルONEと、IIJmio の月額料金が安めです。

 

各社とも、データ通信専用の「データSIMプラン」や、音声通話はできないけれど、SNS認証だけはできる「SNS付きデータSIMプラン」もあって、一部例外を除き、基本的には、上記の月額料金より安い値段で使えるようになっています。

 

格安SIM2枚の組み合わせ例

データ通信は、月に5GB欲しくて、電話番号2つを使いたい場合のSIMの組み合わせ例です。

 

メイン回線

OCNモバイルONE 音声3GB

 

月額料金:990円
(docomo回線)

 

メイン回線には、月間3GBの音声SIMが、月額990円で使える「OCNモバイルONE」を選びます。

 

サブ回線

IIJmio ギガプラン 音声2GB

 

月額料金:858円
(au回線)

 

サブ回線には、月間2GBの音声SIMが、月額858円で使える「IIJmio」を選びます。

 

IIJmioのSIMは、docomo回線と、au回線のどちらかが選べるので、au回線を選んでおきました。

 

メインとサブの回線を分けておくと、例えば、メインのdocomo回線で障害があった時でも、サブのau回線で、電話したり、ネットに繋いだりすることが出来ます。

 

デュアルSIMで上記の組み合わせだと、電話番号は2つ持てて、データ通信は、2つのSIMの合計で月間5GBまで使えます。

 

(月額費用の合計は、1,848円)

 

ワイモバイルのシンプルSが、月間3GBで、月額2,178円、

 

UQモバイルのくりこしプランSが、月間3GBで、月額1,628円なので、

 

それらと比べても、かなりお得に使えることがわかります。

 

このほか、自分で条件を指定して、各社の料金プランを探したい方は、以下の絞り込み検索もご活用ください。

 

 

デュアルSIM最強の組み合わせ iPhone編

Apple の iPhoneシリーズでは、iPhone XS以降で、カード型のnano-SIMに加え、eSIM が搭載され、デュアルSIMで使えるようになっています。

 

デュアルSIM対応のiPhoneの機種

 

なので、iPhone XS以降なら、例えば、nano-SIMで、メイン回線を契約して、eSIM にはサブ回線を契約すれば「1台のiPhoneで、電話番号を2つ使えるようにする」ことも可能です。

 

ただし、この場合、eSIMで契約する回線は、eSIMに対応した料金プランで、さらに、手持ちの iPhone が対応機種になっている必要があります。

 

eSIM で使えて、しかも、iPhoneに対応している料金プランとしては、2022年6月30日までは、月間1GBまで月額0円で使えた楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」が最強でした。

 

ですが、2022年7月1日からは「Rakuten UN-LIMIT VII」が始まり、月間1GBまで月額0円の部分は無くなっています。

 

iPhone の eSIM に入れておく楽天モバイルの代わりになる料金プランとしては、「0円運用」に近い使い方が出来るので、au の「Povo2.0」が人気になっています。

 

「Povo2.0」の申し込みは、オンライン専用ですが、eSIMでも契約できて、iPhoneシリーズの eSIM にも対応しています。

 

iPhone の eSIM に、「Povo2.0」を入れておくとすると、「Povo2.0」は、au回線なので、

 

何かの障害があった時のために、nano-SIMで契約する方の回線は、docomo回線を使っている料金プランを選んでおくと、もしもの時に安心です。

 

docomo回線を使った料金プランは、品質を重視するなら、docomo本体が提供しているギガライトや、オンライン専用のahamo、

 

コスパを重視するなら、docomo回線を借りている格安SIMの料金プランから選ぶのがおすすめです。

 

docomo回線が使える主な格安SIMの月額料金と、月間データ量の一覧は、以下の通りです。

 

月間データ量 OCNモバイルONE
(ドコモ回線のみ)
IIJmio
(ドコモ回線を選べる)
mineo
(ドコモ回線を選べる)
0.5G 550円
1GB 770円 1,298円
2GB 850円
3GB 990円
4GB 990円
5GB 1,518円
6GB 1,320円
7GB
8GB 1,500円
9GB
10GB 1,760円 1,958円
12GB
14GB
15GB 1,800円
17GB
20GB 2,000円 2,178円
特徴 OCNモバイルONEの特徴 IIJmioの特徴 mineoの特徴

(料金は、2022年7月 現在)

 

iPhoneで契約する料金プランを、自分で条件を指定して探したい方は、以下の絞り込み検索もご活用ください。

 

 

 

楽天モバイル乗り換え先 キャンペーン情報まとめ

月間1GBまで0円だった楽天モバイルの

 

「Rakuten UN-LIMIT VI」(楽天アンリミット シックス)

 

が、2022年6月30日に終了。

 

2022年7月1日からは、1GBまで0円の部分が無くなった

 

「Rakuten UN-LIMIT VII」(楽天アンリミット セブン)

 

がスタートしています。

 

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」

 

 

0円運用が出来なくなったので、乗り換え先を探している方も多いことと思いますが、この機会を狙って、各社とも乗り換え先になろうと、お得なキャンペーンを展開し始めています。

 

ここでは、各社が展開しているキャンペーン情報をまとめました。

 

IIJmio 夏のお得なトリプルキャンペーン

IIJmio では、2022年6月20日から、2022年7月31日まで、「夏のお得なトリプルキャンペーン」を展開しています。

 

「乗り換え応援」ということで、上記期間中に、ギガプランに申し込むと、月額料金が6ヶ月間、300円割引されます。

 

2ギガプラン 4ギガプラン 8ギガプラン 15ギガプラン 20ギガプラン
音声SIM

850円
550円

990円
690円

1,500円
1,200円

1,800円
1,500円

2,000円
1,700円

SMS付きSIM

820円
520円

970円
670円

1,470円
1,170円

1,780円
1,480円

1,980円
1,680円

データSIM
(タイプDのみ)

740円
440円

900円
600円

1,400円
1,100円

1,730円
1,430円

1,950円
1,650円

eSIM
(ドコモ回線のデータ通信のみ)

440円
140円

660円
360円

1,100円
800円

1,430円
1,130円

1,650円
1,350円

 

また、新規契約時の初期費用は、通常、3,300円(税込)ですが、キャンペーン期間中は、2,200円(税込)に割引されます。

 

 

 

eSIMの新規契約の場合は、さらに割引され、キャンペーン期間中の初期費用は、550円(税込)です。

 

mineo ホーダイホーダイ割

mineo は、8周年を記念して、2022年6月3日〜2022年8月31日まで「ホーダイホーダイ割」のキャンペーンを展開しています。

 

「ホーダイホーダイ割」では、通常、月額990円(税込)の「マイそく」が、6ヶ月間、660円(税込)に割引されます。

 

「マイそく」は、データ通信速度が、最大で1.5Mbpsしか出ないものの、月間のデータが使い放題になる料金プランです。

 

また、「ホーダイホーダイ割」では、通話もかけ放題、ということで、通常は、月額550円かかる10分かけ放題も、キャンペーン期間中に申し込めば、6ヶ月間無料になります。

 

 

2022 携帯料金プラン絞り込み検索

キャリアと格安SIM、100以上の新料金プランから、条件に合うものをピックアップできる絞り込み検索です。

 

音声通話できる電話番号付きのプランを探す場合は、SIMの種類で、音声SIM か eSIM(音声)を選んで下さい。

 

 

 

格安SIM各社の特徴

格安SIMを提供する各社は、3大キャリアから回線を借りて営業しているため、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)、仮想移動体通信事業者と呼ばれています。

 

回線を借りて営業しているため、お昼や夕方など、混雑する時間帯は、通信が遅くなったりすることもありますが、その分、値段は、キャリアよりも安く使えます。

 

OCNモバイルONEの特徴

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEは、2022年の新料金プランで、格安SIMの中でも、一番安いくらいの料金プランを出して来ました。

 

特に、月間0.5GBまでの音声SIMが、月額550円(税込)は、今までにない安さです。

 

また、OCNモバイルONEは、音声SIMと端末をセットで購入すると、スマホ本体が安く買えることでも知られています。

 

定期的に開催されるスマホセールでは、1円で買える端末が登場することもあり、スマホ本体を安く買いたいなら、見逃せない格安SIMになっています。

 

 

1円スマホの実態はどうか、端末が、なぜ、安く買えるのか、などについては、以下の記事にまとめてありますので、興味のある方は、こちらをご覧下さい。

 

 

IIJmio(みおふぉん)の特徴

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmio(みおふぉん)も、2022年4月1日スタートの新料金「ギガプラン」で、かなり安い料金を出して来た格安SIMです。

 

その月のギガが足りなくなったら、1GB220円で追加が可能で、逆に、使いきれず、余ってしまったデータは、翌月に繰り越すことが出来ます

 

データ通信のみですが、eSIM にも対応しているので、iPhone の eSIM をお得に使いたい人にもおすすめです。

 

 

料金プランが違っても、家族や、グループ間でデータをシェアできるサービスも提供中です。

 

 

mineo(マイネオ)の特徴

mineo(マイネオ)

 

mineo は、2021年2月1日に、今までの料金プランを全面リニューアルし、新料金プラン「マイピタ」の提供をスタートしています。

 

注目は、5GBの音声SIMが、月額1,518円で使えるプラン。

 

以前の料金プランでは、docomo回線を選んだ場合、au回線を選んだ場合、SoftBank回線を選んだ場合では、それぞれ、月額料金が微妙に違いましたが、「マイピタ」では、どの回線を選んでも、同じ料金になっています。

 

 

家族や友人、恋人同士で、余ったデータをプレゼントできる「パケットギフト」というサービスもあります。

 

 

イオンモバイルの特徴

イオンモバイル

 

イオンモバイルの特徴は、なんと言っても、データ量を1GBごとに、細かく区切った料金プランがたくさんあることです。

 

1GB〜14GBまで、1GBごとに料金プランが設定されています。

 

その月で、余ったデータ量は、翌月に繰り越される上、それを、考慮して、1ヶ月単位で、細かく料金プランを変更していくことも可能です。

 

例えば、月間3GBの料金プランを契約をしているけれど、今月は、2GB余りそうだから、来月は、1GBのプランに変更する…というような使い方です。

 

 

月額料金が、通常よりも安い60歳以上限定の「やさしいプラン」もあります。

 

BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイルには、指定されたエンタメ系サービスを、どれだけ使っても、通信量がノーカウントになる「エンタメフリー」という定額オプションサービスがあります。

 

「エンタメフリー」は、音声通話SIMなら月額308円(税込)、データSIMなら月額1,078円を払えば、以下のサービスの通信量がノーカウントになるオプションサービスです。

 

  • YouTube
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • 楽天ミュージック
  • TOWER RECORDS MUSICNEW
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo
  • Facebook Messenger
  • au PAY マーケット

 

ただし、動画のアップロードやダウンロードなど、各サービスの中で、「エンタメフリー」の対象にならない通信もありますので、詳しくは、BIGLOBEモバイルの公式サイトでご確認下さい。

 

 

 

エキサイトモバイルの特徴

エキサイトモバイル

 

エキサイトモバイルには、月間データ量により、月額料金が決まる通常の定額制プランに加えて、データを使った分だけ、月額料金が高くなっていく、段階制プランもあります。

 

例えば、段階制プランは、音声SIMで、以下のような料金設定になっています。

 

エキサイトモバイル 音声SIM 段階制プランの料金

 

また、最大200kbsまでの低速通信のみの利用なら、月額495円で使えます。

 

高速通信をオフにすれば、低速通信になりますが、その切り替えは、エキサイトモバイルのマイページから行うことが出来ます。

 

 

SIMは、最大5枚まで追加が可能で、追加したSIM間では、データをシェアすることが出来るので、家族でデータを分け合うことも可能です。