デュアルSIMの組み合わせで最強は?

DSDV運用を始める前にチェック!デュアルSIMの最強の組み合わせは?

DSDVや、DSDSに対応した、デュアルSIMのスマートフォンも、年々、種類も増えて、使い勝手も良くなって来てますよね。

 

デュアルSIMのスマホなら、SIMカードが2枚入るので、1台のスマホで、電話番号が2つ持てる上、状況に合わせて、SIMカードを切り替えて使ったりすることも出来ます。

 

DSDVやDSDSなど、デュアルSIMの方式による違いは、コチラで説明しています。

 

 

携帯電話でSIM2枚を使うことは、その方式名にちなんで、DSDV運用やDSDS運用と言われることもあります。

 

では、このSIM2枚は、どの会社の組み合わせがいいのでしょうか?

 

ここでは、デュアルSIMのスマホを使う時に、おすすめのSIMカードの組み合わせをまとめてみました。

 

とは言え、残念ながら、個々人の携帯の利用環境や、何を重視するのか、によるので、万人におすすめのSIMカードの組み合わせありません。

 

ですが、だいたいの方は、その重視するポイントによって、以下の3つのパターンに集約されていくことが多いのではないかと思います。

 

 

 

 

2枚のSIMとも、電話番号付きの「音声通話SIM」を選ぶものとして、デュアルSIMの組み合わせ例も紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

 

 

 

デュアルSIMとは?

 

dual(デュアル)は、二者の、とか、二重の、などの意味も持つ「2」を表す単語。

 

したがって、デュアルSIMでは、2枚のSIMカードの意味になり、デュアルSIM方式のスマホは、2枚のSIMカードスロットを持つスマホの意味で使われています。

 

キャリアのSIMと格安SIMの組み合わせ

docomo、au、SoftBankなど、すでに、3大キャリアのSIMカードを1枚は持っている人が、一番始めやすいのが、これに、格安SIMを、1枚追加する運用方法です。

 

通話のメインは、音声通信が安定しているキャリアのSIMに任せて、データ通信は、月額費用が割安の格安SIMを使う、といった、言わば、両方のいいとこ取りような運用が出来ます。

 

プランの典型的な組み合わせとしては、例えば、以下のような運用方法があります。

 

  • キャリアの方は、データ量が1番小さいプランにして、音声通話のかけ放題のオプションをつける
  • 格安SIMの方は、月間で使いそうなデータ量のプランに入る

 

ライトプランやミニなど、3大キャリアの安いプランのデータ量と月額料金は、以下のようになっています。

 

docomo 月額料金
ギガライト(ギガライト2)〜1G 2,980円
ギガライト(ギガライト2)〜3G 3,980円
5分以内国内通話無料 700円
24時間国内通話無料 1,700円
au 月額料金
ピタッとプラン5G 〜1G 2,980円
ピタッとプラン5G 〜4G 4,480円
新auピタッとプランN 〜1G 2,980円
新auピタッとプランN 〜4G 4,480円
5分以内国内通話無料 800円
24時間国内通話無料 1,800円
SoftBank 月額料金
ミニフィットプラン 〜1G 3,980円
ミニフィットプラン 〜2G 5,980円
5分以内国内通話無料 800円
24時間国内通話無料 1,800円

※表示は税抜き価格
docomo と au は、「2年縛りあり」「各種の割引なし」の料金です。

 

2020年10月 現在

auの「ピタッとプラン 4G LTE」は、「新auピタッとプランN」に名前が変更になりました。

 

※5分以内国内通話無料や、24時間国内通話無料などは、オプションでつけた場合の月額料金です。

 

キャリアの料金プランに組み合わせる格安SIMの方は、月間の通信データ量により、料金が変わって来ますが、月間3G(ギガ)のデータ量で、1,480円〜1,600円くらいの料金設定になっています。

 

格安SIMを提供する各社の月額料金の比較表をチェックしたい方は、以下からどうぞ。

 

 

SIM2枚の組み合わせ例

 

キャリアのSIMと、格安SIMを、2枚挿しで使う場合の組み合わせ例です。

 

プラン名 月額料金
SIM1枚目

docomoギガライト 
月間通信量1ギガまで

2,980円
SIM2枚目

OCNモバイルONE
音声通話付き3G

1,480円
合計 4,460円

(月額料金は税抜き価格 2020年10月 現在)

 

このSIMの組み合わせだと、月額合計4,460円で、電話番号が2つ持てて、データ通信は、月間の合計で4ギガまで可能です。

 

docomoのギガライトのみの契約だと、データ通信は、使えば使うほど、値段が上がっていく従量制なので、月間の通信量が、3ギガを超えると、月額料金は4,980円〜になってしまいます。

 

それに比べると、上記のSIM2枚の組み合わせなら、電話番号が2つ使える上、月間4ギガまでなら、月額料金は、合計で、4,460円です。

 

格安SIMと格安SIMの組み合わせ

デュアルSIMの運用で、安さを重視するなら、3大キャリアのSIMは使わず、2枚とも格安SIMにしてしまう運用方法もあります。

 

両方とも、音声通話付きSIMを選べば、電話番号が2つ使えるし、キャリアのSIMを使うよりも月額費用が安い上、月間に使える総データ量も増えます。

 

格安SIMを提供する各社は、3大キャリアから回線を借りて、営業しているため、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)、仮想移動体通信事業者と呼ばれています。

 

例えば、MVNO各社が提供する音声通話付き(電話番号付き)SIMカード、500M(メガ)〜3G(ギガ)までの月額料金は、以下のようになっています。

 

格安SIM月額料金一覧表(音声通話付き 3ギガまで)

格安SIMの提供会社は、キャリアから回線を借りているので、SIMカードを買う時に、どのキャリアの回線のSIMカードにするか選べるもこともあります。

 

各社で、回線が選べる場合は、「対応回線」の項目に記入してあります。

 

MVNOサービス名 500M 1G 3G 対応回線
mineo 1,400円
1,310円
1,750円
- 1,600円
1,510円
1,950円
docomo
au
SoftBank
OCNモバイルONE
(新コース)
- 1,180円 1,480円 docomo
LINEモバイル 1,100円 - 1,480円 docomo
au
SoftBank
BIGLOBEモバイル - 1,400円 1,600円 docomo
au
IIJmio - 1,180円
※1
1,600円 docomo
au

(料金は税抜き価格 2020年10月 現在)

 

※1
IIJmio(みおふぉん)の1Gバイトの料金プランは、au回線のみです。また、従量制の料金プランなので、月間データ量が、1Gを超えると、段階的に料金が高くなっていきます。

 

各社の提供プランを見つつ、別々の会社から1枚ずつSIMカードを買うことも出来るし、同じ会社から2枚のSIMカードを買うことも出来ます。

 

同じ会社から2枚のSIMカードを買う場合は、通常は、1枚ずつの申し込みです。

 

ただし、IIJmio(みおふぉん)のように、新規でも、最初から、2枚のSIMのカードを申し込める会社もあります。

 

また、格安SIMの各社は、月額料金が割引になったり、手数料が無料になったりするキャンペーンを、随時開催しています。

 

 

タイミングが合えば、SIMと一緒に、スマホ本体も安く買えたりするので、端末の購入も検討している方は、チェックしてみて下さいね。

 

格安SIMの各社が提供するサービスの特徴は、以下にまとめてあります。

 

mineo(マイネオ)の特徴

mineo(マイネオ)

 

mineoは、月間3G(ギガ)以上のプランですが、通常よりも、月額料金が、少し安くなるエココースが用意されています。

 

エココースは、通信が混雑しやすい平日

  • 7時30分〜8時30分
  • 12時〜13時
  • 18時〜19時

に、通信速度制限がかかります(最大200kbs)

 

通信速度制限がかかる時間帯がある分、月額料金が安くなる、というコースなので、上記の時間帯はあんまり使わない、という人に向いています。

 

 

OCNモバイルONEの特徴

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEには、追加料金なしで加入できるMUSICカウントフリーというサービスがあります。

 

MUSICカウントフリーに加入すると…

 

  • Amazon Music
  • ANiUTa(アニュータ)
  • AWA
  • Dヒッツ
  • Google Playミュージック
  • LINE MUSIC(ラインミュージック)
  • RecMusic
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック

 

などの音楽配信サービスを利用しても、通信容量を消費しません。

 

 

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルは、月額0円で、LINEデータフリーのオプションが選べます。

 

LINEデータフリーに加入しておけば、LINEを使っても、データ通信量がゼロになります。

 

また、月額280円のSNSデータフリーに加入すれば、LINEに加えて、Twitterや、Facebookのデータ通信量もゼロになります。

 

 

BIGLOBEモバイルの特徴

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

 

音声通話SIMのプランなら、プラス月額480円で、エンタメフリーというプランがあるのが、BIGLOBEモバイルです。

 

エンタメフリーは、音楽配信サービスや、ラジオ配信に加えて、Dマガジン、楽天マガジンなどの電子書籍や、You Tubeを使っても、データが消費されないサービスです。

 

 

IIJmio(みおふぉん)の特徴

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmio(みおふぉん)は、通話かけ放題のオプションが充実しています。

 

  • +月額830円で、国内通話が、誰とでも10分無料
  • +月額600円で、国内通話が、誰とでも3分無料

 

また、同一名義の家族間の通話なら、月額830円のコースで、30分以内無料、月額600円のコースで、10分以内無料になります。

 

 

格安SIM2枚の組み合わせ例

 

デュアルSIMを、格安SIM2枚で運用する場合の組み合わせ例です。

 

プラン名 月額料金
SIM1枚目

OCNモバイルONE
(docomo回線)
音声通話付き3G

1,480円
SIM2枚目

mineo(au回線)
音声通話付き3G

1,510円
合計 2,990円

(月額料金は税抜き価格 2020年10月 現在)

 

このSIMの組み合わせでは、合計2,990円で、電話番号が2つ持てて、月間6ギガまでのデータ通信が可能です。

 

表のように、SIM2枚のうち、1枚をdocomo回線、もう1枚をau回線にして、

 

  • docomoで繋がりにくい場所は、auで、
  • auで繋がりにくい場所は、docomoで、

 

というように、SIMを切り替えて使うことも出来ます。

 

ただし、au回線を、デュアルSIMで使う場合は、DSDVに対応したスマートフォンじゃないと、同時に待ち受けが出来ません。

 

楽天モバイルと格安SIMの組み合わせ

月間に使うデータ量が多く、コスパ重視なら、他社に比べて、かなりコスパのいいプランがある楽天モバイルが、今だと、おすすめ候補にあがって来ます。

 

もともと、楽天モバイルは、ほかのMVNO業者と同じく、3大キャリアから回線を借りて、通信サービスを提供していました。

 

しかし、徐々に、独自回線を設置し、2020年4月からは、docomo、au、SoftBankに並ぶ、4番目のキャリアとして、通信事業を展開し始めています。

 

どこかから回線を借りるのではなく、自前の回線を持つ通信事業者のことをMVO(Mobile Network Operator)と言います。

 

楽天モバイルは、2020年3月までは、MVNO事業者だったのが、2020年4月からは、MVO事業者になった、と言うわけです。

 

楽天モバイルの料金プランは、楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)というプランだけなのですが、新スタートということもあってか、通常は、2,980円の月額料金が1年間無料になっています。

 

 

※月額料金が無料になるのは、先着300万までです(2020年4月 現在)

 

楽天アンリミット プラン内容

  • 月額料金は、2,980円(税抜)
  • 楽天回線エリアは、データ通信が使い放題
  • 楽天回線エリア外は、au回線から借りてる
  • au回線の場合は、月に5G(ギガ)まで
  • 携帯への国内通話が、かけ放題
  • 固定電話への国内通話が、かけ放題
  • 2年縛りなし

2020年9月30より、楽天回線エリアなら、高速データ通信の5Gにも対応した料金プラン、「楽天アンリミット ファイブ」(Rakuten UN-LIMIT V)もスタートしています。

 

月に30G(ギガ)など、大容量のデータプランだと、格安SIMでも、月額で5,000円以上はするなか、データ使い放題で、2,980円は破格です。

 

ただし、問題は、楽天回線エリア内なら、というところで、今のところ、楽天回線は、都市部でしか整備されていません。

 

楽天回線のサービスエリアは、以下のページから確認することが出来ます。

 

 

上記のページで、濃い赤で表示されているのが、楽天回線のエリアで、ピンクで表示されているのが、パートナー回線のカバーエリアです。

 

パートナー回線内では、月に5G(ギガ)まで、データ通信を使えます。

 

パートナー回線は、au回線なので、山間部以外は、ほとんどカバーされていますよね。

 

なので、メインの活動エリアが、楽天回線に入っていなければ、楽天アンリミットは、実質、データ5G(ギガ)までの料金プランである、と考えれば良さそうです。

 

5G(ギガ)のプランだと考えた場合は、ほかの格安SIM会社が提供するプランと、そんなに値段が変わらなくなります。

 

例えば、mineo や、OCNモバイルONEの音声通話付きSIM、

  • 月間6G(ギガ)のプランに
  • オプションで、国内10分かけ放題

をつけた場合の月額料金の合計は、以下のにようになっています。

 

※10分かけ放題は、どちらも月額850円

  • mineo
    2,190円 + 850円 = 3,040円
  • OCNモバイルONE
    1,980円 + 850円 = 2,830円

2020年10月 現在

 

楽天アンリミットは、月額2,980円、国内通話が、無制限のかけ放題だとしても、上記の格安SIMの2社は、月間6G(ギガ)使えるので、悩ましいところですよね。

 

ただ、楽天アンリミットの場合は、5ギガを使い切って、ギガがなくなったとしても、1Mbpsの速さでは、通信が出来ます

 

他社の場合は、ギガがなくなってしまうと、もっと遅い200kbsです。

 

200kbsだと、ウェブ閲覧も、You Tubeの視聴も、かなり厳しい通信速度ですが、1Mbpsの速さなら、ウェブ閲覧も、You Tube視聴も、まぁまぁ普通にできる程度の通信速度です。

 

まとめると、楽天アンリミットは…

 


活動エリアが、楽天回線内なら、かなりお得

 

楽天回線内じゃなければ、ほかの格安SIM会社と、あまり変わらないものの

 

  • 通信量が1年間無料
  • 国内通話がかけ放題
  • ギガを使い切っても1Mbpsで通信できる

 

というあたりに魅力を感じるようであれば、デュアルSIMの1枚に入れてもよい、と言えそうです。

 

楽天回線エリアの今後の予定は?

楽天回線エリアが、今後、広がっていくのかどうか、ですが、

 

2020年度第1四半期の決算資料では、

 

2021年3月までに、人口カバー率70%

 

を目指すという予定が掲載されています。

 

楽天モバイル基地局増設の予定

 

2020年度第1四半期 決算資料 スライドPDF 20ページより

 

UQモバイル スマホプランR

2020年6月から、楽天アンリミットのライバルになりそうな料金設定の「スマホプランR」を出してきたのが、UQ mobile(UQモバイル)です。

 

UQモバイル スマホプランRの内容
  • 月額料金は、2,980円(税抜)
  • 基本データ量は10G(ギガ)
  • 容量を使い切っても、1Mbpsで通信可能
  • 回線は、au回線から借りてる
  • 10分かけ放題オプション月額700円
  • 2年縛りなし

 

楽天アンリミットのように使い放題ではないものの、au回線が、10Gまで使えて、月額2,980円。

 

さらに、ギガがなくなっても、1Mbpsの速さでは通信可能です。

 

通話のかけ放題は、オプションで別料金なので、かけ放題をつけると、楽天アンリミットより、値段が高くなってしまいますが、

 

  • データが10Gまで使えるところや、
  • ギガがなくなっても、1Mbpsで使えるところ

 

などに魅力を感じる人であれば、おすすめのMVNO事業者です。

 

 

コスパ最強!SIM2枚の組み合わせ例

 

コスパ重視なら、楽天回線が、まだ、都市部でしか使えないとは言うものの、国内電話のかけ放題が、追加料金なしで使えるので、やっぱり、楽天モバイルを入れた組み合わせが最有力候補になります。

 

プラン名 月額料金
SIM1枚目

楽天アンリミット
(楽天 or au回線)

2,980円
SIM2枚目

OCNモバイルONE 3ギガ
(docomo回線)
音声通話付き3G

1,480円
合計 4,460円

(月額料金は税抜き価格 2020年10月 現在)

 

このSIMの組み合わせだと、月額合計4,660円で、

  • 楽天回線データ使い放題
  • au回線 5ギガまで
  • docomo回線 3ギガまで
  • 電話番号は2つ
  • 楽天は国内電話かけ放題

という状態で使えます。

 

※au回線を使うので、同時待ち受けにするには、スマホは、DSDVに対応したスマホである必要があります。

 

上記では、楽天モバイルに、OCNモバイルONEを組み合わせましたが、格安SIMの提供会社は、独自サービスを展開している会社が、ほかにも、いろいろとあります。

 

各社の月額料金と、サービスの特徴は、以下にまとめてあるので、気になる方は、こちらもご覧下さい。