デュアルSIMの組み合わせで最強は?

デュアルSIMの最強の組み合わせは?

DSDVや、DSDSに対応した、デュアルSIMのスマートフォンも、年々、種類も増えて、使い勝手も良くなって来てますよね。

 

デュアルSIMのスマホなら、SIMカードが2枚入るので、1台のスマホで、電話番号が2つ持てる上、状況に合わせて、SIMカードを切り替えて使ったりすることも出来ます。

 

DSDVやDSDSなど、デュアルSIMの方式による違いは、コチラで説明しています。

 

 

携帯電話でSIM2枚を使うことは、その方式名にちなんで、DSDV運用やDSDS運用と言われることもあります。

 

さらに、iPhoneでは、iPhone XS 以降、カード型の物理SIMに加えて、eSIMも搭載しています。

 

デュアルSIM対応のiPhoneの機種

 

eSIM は、スマートフォン本体内蔵型のSIMで、普通のSIMカードに入っているのと同じような情報を、通信会社からダウロードして、eSIM に書き込んで使います。

 

eSIM の内容は、書き換えることが出来るため、通信会社が変わっても、SIMカードを抜き差しして、差し替えたりする必要がありません。

 

Apple の iPhoneシリーズでは、iPhone XS 以降、この「eSIM」 を搭載することにより、デュアルSIMに対応しています。

 

では、これらデュアルSIMのスマホのSIMは…

 


どの組み合わせを選ぶのがいいのでしょうか?

 

特に、2021年の春からは、キャリアや、格安SIM各社の新料金プランが続々登場して来て、どの会社のどの料金プランがいいのか、なかなか、わかりにくい状況になっています。

 

そこで、ここでは、月額料金や月間データ量、SIMの種類などの条件を指定して、各社の新料金プランから、条件に合うものをピックアップできる絞り込み検索を用意しました。

 

デュアルSIMで契約するSIMを選ぶ時や、あなたの使い方に合う料金プランを探すのに、お役立て下さい。

 

記事の後半では、デュアルSIMの使い方に合わせて、おすすめの組み合わせも紹介しています。

 

2021新料金プラン絞り込み検索

キャリアと格安SIM、100以上の新料金プランから、条件に合うものをピックアップできる絞り込み検索です。

 

音声通話できる電話番号付きのプランを探す場合は、SIMの種類で、音声SIM か eSIM(音声)を選んで下さい。

 

 

デュアルSIMのスマホで使うベストなSIMの組み合わせは、個々人の利用環境や、使い方によって変わるので、万人におすすめのSIMの組み合わせはありません。

 

ですが、回線の信頼性や安さなど、重視するものにより「典型的な組み合わせ」はあるので、以下で、おすすめパターンを紹介します。

 

 

回線品質を重視!

 

iPhoneで、月3GBを月額440円で運用

 

コスパ重視の2回線運用

 

 

 

 

 

デュアルSIMとは?

 

dual(デュアル)は、二者の、とか、二重の、などの意味も持つ「2」を表す単語。

 

したがって、デュアルSIMでは、2枚のSIMカードの意味になり、デュアルSIM方式のスマホは、2枚のSIMカードスロットを持つスマホの意味で使われています。

 

2021キャリア新プラン 最強の組み合わせ

デュアルSIMで、回線の品質がいいキャリアとキャリアの料金プランを組み合わせるパターンです。

 

2021年春、docomo、au、SoftBankの3大キャリアは、今までよりも、格段に安い新料金プランを出して来ました。

 

新料金プランのプラン名は、ドコモが ahamo(アハモ)、au が povo(ポヴォ)、ソフトバンクが LINEMO(ラインモ)です。

 

docomoの新プラン ahamo(アハモ)

 

auの新プラン povo(ポヴォ)

 

SoftBankの新プラン LINEMO(ラインモ)

 

回線品質を重視して、デュアルSIMの組み合わせに、キャリアとキャリアの回線を選ぶ場合、

 

メイン回線は、3大キャリアのうち、あなたの使用環境で繋がりやすい回線や、慣れ親しんだ回線を選ぶのがいいと思います。

 

各キャリアの新プランの詳細については、別記事で掘り下げていますので、そちらをご参照下さい。

 

 

 

 

そして、サブ回線には、2020年4月から、4番目のキャリアとしての営業をスタートしている楽天モバイルの回線を選びます。

 

2021年4月からスタートした楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Y」は、データ通信を使わなければ、料金がかからない段階制プランです。

 

楽天モバイルのの新プラン Rakuten UN-LIMIT Y(楽天アンリミット シックス)

 

 

月間データ使用量が1GBまでなら、月額料金は無料なので、サブ回線に楽天モバイルを選べば、追加費用なしで、電話番号がもう一つ持てます

 

さらに、楽天モバイルは、専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話かけ放題です。

 

なので、長い話の電話になりそうな時には「Rakuten Link」を使って電話をかければ、通話料を発生させずに、長時間通話することも出来ます。

 

0180、0570、などから始まる電話番号など、一部かけ放題の対象外になる電話番号もあります。

 

最強に安い!楽天モバイルと格安SIMの組み合わせ

eSIM 搭載の iPhone で、月間3GBを、月額440円で運用できるSIMの組み合わせを紹介します。

 

まず、メイン回線には、月間データ通信が1GBまでなら「月額0円」の楽天モバイルを選びます。

 

楽天モバイルのの新プラン Rakuten UN-LIMIT Y(楽天アンリミット シックス)

 

 

 

そして、iPhone の eSIM には、IIJmio(みおふぉん)のギガプランから、eSIM 用の新料金プラン2GBを契約します。

 

 

この組み合わせにすると、データ通信は、楽天モバイルと IIJmio を合わせて、月間3GBまで使えて、月額440円(税込)で運用できます。

 

しかも、楽天モバイルで取得した電話番号は、楽天専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話かけ放題です。

 

0180、0570、などから始まる電話番号など、一部かけ放題の対象外になる電話番号もあります。

 

上記のように、楽天モバイルで、メイン回線の電話番号を取得して、データ通信は、主に格安SIMを使うパターンなら、月間で使えるデータ量のわりには、月額料金を、非常に安くおさえることが出来ます。

 

お得に2回線運用!格安SIMと格安SIMの組み合わせ

キャリアも、新料金プランで、月額料金が、かなり安くなって来ましたが、それを踏まえて、格安SIMの各社も、新料金プランを出してきたので、値段で考えると、やっぱり、格安SIMの方がお得です。

 

しかも、格安SIMの場合は、月間の使用データ量を細かく区切った料金プランもあるので、自分のニーズに合わせて、ぴったりの料金プランを選ぶことが出来ます。

 

以下は、格安SIM各社の新料金プランの比較表です。

 

格安SIM 2021新料金プラン比較表

格安SIM各社の電話番号が取得できる音声SIMプランの月額料金比較表です。

 

赤字は、その月間データ量での最安値になっています。
(2021年4月 現在)

 

※スマホの場合、表を横にスクロールできます。

月間データ量 OCNモバイルONE IIJmio mineo BIGLOBEモバイル イオンモバイル エキサイトモバイル
0.5G 1,023円
1GB 770円 1,298円 1,078円 1,078円
2GB 858円 1,188円
3GB 990円 1,320円 1,298円 1,210円
4GB 1,078円 1,408円
5GB 1,518円 1,518円
6GB 1,320円 1,870円 1,628円
7GB 1,738円
8GB 1,518円 \1,848円
9GB 1,958円
10GB 1,760円 1,958円 2,068円
12GB 3,740円 2,178円 1,650円
14GB 2,288円
15GB 1,848円
17GB
20GB 2,068円 2,178円 5,720円 2,398円 2,068円
25GB 2,970円
30GB 7,450円 4,378円 4,400円
40GB 5,478円 7,700円
50GB 6,578円 11,198円
特徴 OCNモバイルONEの特徴 IIJmioの特徴 mineoの特徴 BIGLOBEモバイルの特徴 イオンモバイルの特徴 エキサイトモバイルの特徴

(料金は、2021年4月 現在)

 

総じて、OCNモバイルONEと、IIJmio の月額料金が安めです。

 

各社とも、データ通信専用の「データSIMプラン」や、音声通話はできないけれど、SNS認証だけはできる「SNS付きデータSIMプラン」もあって、それぞれ、上記の月額料金より安い値段で使えるようになっています。

 

格安SIM2枚の組み合わせ例

データ通信は、月に5GB欲しくて、電話番号2つを使いたい場合のSIMの組み合わせ例です。

 

メイン回線

OCNモバイルONE 音声3GB

 

月額料金:990円
(docomo回線)

 

メイン回線には、月間3GBの音声SIMが、月額990円で使える「OCNモバイルONE」を選びます。

 

サブ回線

IIJmio ギガプラン 音声2GB

 

月額料金:858円
(au回線)

 

サブ回線には、月間2GBの音声SIMが、月額858円で使える「IIJmio」を選びます。

 

IIJmioのSIMは、docomo回線と、au回線のどちらかが選べるので、au回線を選んでおきました。

 

メインとサブの回線を分けておくと、例えば、メインのdocomo回線で障害があった時でも、サブのau回線で、電話したり、ネットに繋いだりすることが出来ます。

 

デュアルSIMで上記の組み合わせだと、電話番号は2つ持てて、データ通信は、2つのSIMの合計で月間5GBまで使えます。

 

(月額費用の合計は、1,848円)

 

ワイモバイルのシンプルSが、月間3GBで、月額2,178円、

 

UQモバイルのくりこしプランSが、月間3GBで、月額1,628円なので、

 

それらと比べても、かなりお得に使えることがわかります。

 

格安SIM各社の特徴

格安SIMを提供する各社は、3大キャリアから回線を借りて営業しているため、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)、仮想移動体通信事業者と呼ばれています。

 

回線を借りて営業しているため、お昼や夕方など、混雑する時間帯は、通信が遅くなったりすることもありますが、その分、値段は、キャリアよりも安く使えます。

 

OCNモバイルONEの特徴

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEは、2021年の新料金プランで、格安SIMの中でも、一番安いくらいの料金プランを出して来ました。

 

特に、月間3GBまで使える音声SIMが、月額990円(税込)は、今までにない安さです。

 

また、OCNモバイルONEは、音声SIMと端末をセットで購入すると、スマホ本体が安く買えることでも知られています。

 

定期的に開催されるスマホセールでは、1円で買える端末が登場することもあり、スマホ本体を安く買いたいなら、見逃せない格安SIMになっています。

 

 

1円スマホの実態はどうか、端末が、なぜ、安く買えるのか、などについては、以下の記事にまとめてありますので、興味のある方は、こちらをご覧下さい。

 

 

IIJmio(みおふぉん)の特徴

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmio(みおふぉん)も、2021年4月1日スタートの新料金「ギガプラン」で、かなり安い料金を出して来た格安SIMです。

 

その月のギガが足りなくなったら、1GB200円で追加が可能で、逆に、使いきれず、余ってしまったデータは、翌月に繰り越すことが出来ます

 

データ通信のみですが、eSIM にも対応しているので、iPhone の eSIM をお得に使いたい人にもおすすめです。

 

 

家族や、グループ間でデータをシェアできるサービスも、2021年6月以降に提供予定です。

 

 

mineo(マイネオ)の特徴

mineo(マイネオ)

 

mineo は、2021年2月1日に、今までの料金プランを全面リニューアルし、新料金プラン「マイピタ」の提供をスタートしています。

 

注目は、5GBの音声SIMが、月額1,518円で使えるプラン。

 

以前の料金プランでは、docomo回線を選んだ場合、au回線を選んだ場合、SoftBank回線を選んだ場合では、それぞれ、月額料金が微妙に違いましたが、「マイピタ」では、どの回線を選んでも、同じ料金になっています。

 

 

家族や友人、恋人同士で、余ったデータをプレゼントできる「パケットギフト」というサービスもあります。

 

 

イオンモバイルの特徴

イオンモバイル

 

イオンモバイルの特徴は、なんと言っても、データ量を1GBごとに、細かく区切った料金プランがたくさんあることです。

 

1GB〜14GBまで、1GBごとに料金プランが設定されています。

 

その月で、余ったデータ量は、翌月に繰り越される上、それを、考慮して、1ヶ月単位で、細かく料金プランを変更していくことも可能です。

 

例えば、月間3GBの料金プランを契約をしているけれど、今月は、2GB余りそうだから、来月は、1GBのプランに変更する…というような使い方です。

 

 

月額料金が、通常よりも安い60歳以上限定の「やさしいプラン」もあります。

 

BIGLOBEモバイルの特徴

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

 

BIGLOBEモバイルでは、音声SIMと端末をセットで申し込むと、大幅にポイント還元するセールを常時開催しています。

 

還元されるポイント数を考えると、実質0円で買える機種が登場することもあるので、スマホ本体をお得に買いたい人は要チェックです。

 

 

還元されるのは、Gポイントで、BIGLOBEの支払いに使えるほか、nanacoポイント、Dポイント、Tポイント、Ponta、Amazonギフト券などなど…ほかのポイントと交換しても使えます。

 

エキサイトモバイルの特徴

エキサイトモバイル

 

エキサイトモバイルには、月間データ量により、月額料金が決まる通常の定額制プランに加えて、データを使った分だけ、月額料金が高くなっていく、段階制プランもあります。

 

例えば、段階制プランは、音声SIMで、以下のような料金設定になっています。

 

エキサイトモバイル 音声SIM 段階制プランの料金

 

また、最大200kbsまでの低速通信のみの利用なら、月額495円で使えます。

 

高速通信をオフにすれば、低速通信になりますが、その切り替えは、エキサイトモバイルのマイページから行うことが出来ます。

 

 

SIMは、最大5枚まで追加が可能で、追加したSIM間では、データをシェアすることが出来るので、家族でデータを分け合うことも可能です。

 

格安SIMの新プラン2021 絞り込み検索

格安SIM各社の新料金プランから、条件に合うプランを探したい場合は、以下の絞り込み検索を、ご活用下さい。

 

格安SIMの料金プランだけに絞り込んで探したい場合は、いちばん最初の「キャリア/格安SIM」の選択項目で、格安SIMを選んだあと、そのほかの条件を設定して下さい。