電話番号を2つに増やす〜あなたに合った方法は?

あなたが、電話番号を2つ欲しいのは、どんな理由ですか?

 

  • 仕事とプラベートで電話番号を分けたい
  • よく使う番号と、サブ的な番号に分けたい
  • 自宅の固定電話とFAXの番号が欲しい

 

などなど。

 

2つ目の電話番号が欲しい理由は、それぞれの状況で違っていることと思います。

 

このサイトでは、診断テスト的に、あなたが「想定している使い方」に近いものを選んで、読み進めていくと、その状況に合った電話番号の増やし方がわかるようになってます。

 

複数のやり方がある場合は、それぞれ解説してるので、あなたが考えている運用方法に合うものをチェックしてみて下さいね。

 

それでは、まずは、大きな選択肢からです。

 

あなたが、電話番号を2つ欲しいのは、スマホですか、それとも、自宅ですか?

 

 

 

 

 

 

SNSなどのアカウントを増やすことが目的の場合はこちらへどうぞ

 

 

 

 

スマートフォンで、電話番号が2つ欲しい場合

スマートフォンで、2つの電話番号を運用する場合は、以下のような3つのパターンがあります。

 

今のスマホに2つ目の電話番号を追加する

スマホにアプリをインストールして、050から始まる電話番号を取得する方法です。

 

2つの電話番号を、サブの番号にする使い方のほか、仕事で使うにしても、なるべく、費用をかけたくない場合に向いています。

 

 

 

1台のスマホで、普通の携帯電話の番号を2つ使いたい

「090〜」「080〜」「070〜」など、携帯の電話番号として、一般的にも広く認知されている番号を、1台のスマホで使いたい場合は、SIMカードが2枚挿せるスマートフォンに買い換える必要があります。

 

1枚のSIMカードで、1つの電話番号が使えるので、携帯電話の回線を2つ契約すれば、SIMカードは2枚になります。

 

このSIMカードを、2枚とも挿せるのが「デュアルSIM」対応のスマートフォンです。

 

以前は、海外にしかありませんでしたが、最近では、日本国内でも、「デュアルSIM」対応の海外メーカーの機種が買えるようになって来ています。

 

 

 

携帯の2台持ちで、電話番号を追加

「050から始まる電話番号は嫌」

 

かと言って、

 

「デュアルSIM対応の機種に、スマホを買い換えるのもちょっと…」

 

という場合には、あとは、携帯の2台持ちで、電話番号を追加する方法が残されています。

 

2台持ちだと、月額経費がかかってしまうイメージもありますが、最近は、格安SIMも出て来ているので、思ったより、月額費用が安い場合もあります。

 

 

 

今のスマホにアプリで電話番号を増やす

今のスマホのまま、いちばんお手軽に、2つ目の電話番号を取得できるのが、IP電話アプリをインストールする方法です。

 

IP電話とは、インターネット回線を使った電話のことで、日本では、050から始まる番号が、割り当てられています。

 

IP電話アプリをインストールして、各サービス会社に登録すれば、050から始まる電話番号を取得できます。

 

初期費用も、月額料金も無料ではじめられるアプリのほか、月額料金が数百円かかる有料アプリもあります。

 

 

 

 

無料で、2つ目の電話番号が欲しい場合

使った分だけの通話料はかかるものの、初期費用、月額基本料、ともに無料のIP電話アプリを選びましょう。

 

無料で使えるIP電話アプリで、有名なのは、以下の2つです。

 

  • SMARTalk(楽天コミュニケーションズ株式会社)
  • 050FREE(ブラステル)

 

具体的な料金の比較や、アプリの使い勝手などは、以下のページで解説しているので、どのアプリをインストールしようか、検討されている方は、こちらも、ご参照下さい。

 

 

※無料で電話番号が取得できるアプリのほか、月額有料のIP電話アプリも含めて比較しています。

 

※LINEの無料電話も、スカイプの無料通話も、IP電話ですが、こちらは、電話番号はありません。

 

ただし、スカイプは「skype番号」という有料プランを購入すると、発信も、着信も可能な電話番号を取得することが出来ます。

 

通話の音質が気になるなら有料アプリも

仕事で使うことも考えていたりすると、電話で話している時の音質や、音の途切れ、なども気になりますよね。

 

月額費用はかかってもいいので、

 

  • 通話品質が良いほうがいい
  • 音の途切れも少ない方がいい
  • 信頼のおける会社が運営している方がいい

 

ということであれば、NTTコミュニケーションズ株式会社が運営してる「050plusアプリ」が候補に上がって来ます。

 

月額費用は、300円(税抜き)かかりますが、設定を変えたり、追加費用を払ったり、いろいろと面倒なことをすることなく、通話を安定させる「G.729a」という音声圧縮のコーデックが使えます。

 

月額有料のIP電話アプリでは、このほか、

 

 

などもありますが、これらの場合は、上記で紹介した「無料のIP電話アプリ」と、通話品質は、あまり変わらないようです。(使う環境によっても、左右されます)

 

ビジネスでIP電話アプリを使う際の注意点

050から始まるIP電話の番号は、キャリアの携帯電話のように、MNP(番号ポータビリティ)ができません

 

なので、IP電話のサービス提供会社を変えてしまうと、電話番号も変えざるを得ません。

 

逆に、携帯を買い替えたり、キャリアが変わったりしても、IP電話の提供会社が変わらなければ、050からの番号は、そのまま使えます。

 

その場合は、現在使っているIP電話アプリを、古い端末から、新しい端末に引き継いで使うことになります。

 

ビジネス利用の場合は、仕事先に電話番号を教えてしまってから、その番号が変わったりすると

 

「電話番号の変更のお知らせ」

 

をしなきゃいけなかったりするので、なるべく、後から、変えたくならないようなIP電話アプリを選ぶのがおすすめです。

 

IP電話の安定度や、通話品質は、使う環境にもよるので、おすすめは、本格的に仕事で利用する前に、良さそうなIP電話アプリを試してみることです。

 

総じて、有料アプリの方が、通話品質が良い傾向にありますが、無料アプリでも、Zoiper(ゾイパー)などの電話アプリを使えば、音声の品質が改善される場合があります。

 

 

 

 

1台のスマホで2つの携帯番号を使える「デュアルSIM」

「デュアルSIM」対応のスマートフォンだと、音声通話に対応したSIMカードを2枚入れることが出来ます。

 

したがって「デュアルSIM」対応のスマホがあれば、携帯を2台持ちすることなく、090、080、070から始まる電話番号が2個使えます。

 

ただし、今のところ、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアからは「デュアルSIM」対応した携帯端末は発売されていません。

 

なので「1台のスマホで、2つの携帯番号を使いたい」場合は、

 

必然的に、海外メーカーが、日本国内向けに販売してるSIMフリー携帯で、「デュアルSIM」に対応した

 

  • DSDSスマホ か
  • DSDVスマホ

 

の中から選ぶことになります。

 

DSDSとDSDVは、デュアルSIMのスマホのタイプで、携帯電波の受信方法により、以下の4つタイプがあります。

 

DSSS(デュアルSIM シングルスタンバイ)

SIMカードは2枚挿せるが、1枚ずつ切り替えて使うタイプ。切り替えて使うので、どちらか1つの電話番号しか着信待ちに出来ません。

 

DSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)

SIMカードが2枚使えて、3G通信と、4G通信、両方で同時に待ち受けも出来るタイプ。2つの電話番号を、同時に着信待ちに出来ます。

 

※ただし、1枚のSIMで通話しながら、もう1枚のSIMでデータ通信は出来ない。

 

DSDA(デュアルSIM デュアルアクティブ)

上記のDSDSを、さらに改善して、1枚のSIMで通話しながら、もう1枚のSIMでデータ通信も出来るようにしたタイプ。

 

※日本では、この方式に対応した端末の販売はありません。

 

DSDV(デュアルSIM デュアルVoLTE )

データ通信回線である「4G LTE」に、音声をのせることができるようにした「VoLTE」を使って、2枚のSIMのとも、同時に4Gの待ち受けが出来るようにしたタイプ。

 

※今のところ、この方式の機種は少なめです。

 

具体的な選び方は、別ページにした方がいいかも。

 

最新機種が知りたいなら、どのページを見ればいいかを解説するといいかも。

 

 

 

 

携帯の2台持ちで、電話番号を追加

月額料金が安い格安SIMの登場で、携帯の2台持ちで、電話番号を2つ持つパターンでも、思ったより、月々にかかる費用が高くならない組み合わせも出て来ました。

 

例えば、スマホの2台持ちの場合、よく通話をする電話番号の方は、キャリアのかけ放題プランを選択するとします。

今だと、以下のようなプランがあります。

 

docomo
 かけ放題プラン 2,200円

 

ソフトバンク
 スマ放題 3,000円

 

※auにも、「カケホ」プランがありますが、こちらは、「データ定額」プランとのセット購入が必要で、単独での申し込みは出来ません。

 

(2019年2月 現在)

 

さらに、もう1台のスマホの方も、電話番号が必要なので、こちらは、格安SIMの運営会社が提供する音声通話付きのプランを選択するとします。

格安SIMの運営会社が提供する「音声通話付き3ギガ データ通信」SIMカードでは、今だと、以下のようなプランがあります。

 

mineo(マイネオ)
 1,510円〜1,950円

 

IIJmio みおふぉん
 1,600円

 

OCNモバイルONE
 1,800円

 

※上記は、3G(ギガ)のデータ通信プランですが、LINEモバイルには、「音声通話付き1G(ギガ)データ通信」プランもあり、そちらは、月額1,200円です。

 

(2019年3月 現在)

 

このように、キャリアのかけ放題プランと、格安SIMの音声通話付きプランを組み合わせて使うと、月額料金4,000円〜5,000円で、

 


電話番号が2つ持てて、1つの番号はかけ放題

さらに、インターネットは、3ギガ使える

 

というような環境が出来上がります。

 

スマホの2台持ちのパターンでは、電話をしながらネット見るのも、問題なく出来ます。

 

 

 

 

固定電話に電話番号が2つ欲しい場合

自宅の固定電話に、電話番号が2つ欲しい場合は、光回線のインターネットを使うかどうかで、電話番号を増やす方法が変わって来ます。

 

あなたの自宅では、光回線のインターネットを使っていますか?もしくは、今後、使う予定はありますか?

 

 

 

 

 

光電話で電話番号を2つにする

今現在、自宅に、光回線のインターネットを使っているか、もしくは、今後、導入する予定があるなら、光回線に電話をのせた「ひかり電話」が使えます。

 

1ヶ月ごとの基本の利用料は500円で、電話番号は、1契約で、最大5番号まで増やせます。

 

追加番号の月額基本料は100円なので、「ひかり」電話なら、月額600円で、電話番号が2つ持てます。

 

NTTが運営する「フレッツ光」のほか、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光など、ほかの業者経由の光回線でも「ひかり電話」が使えます。

 

ただし、基本的には、ネット回線とのセットになるので、「ひかり電話」のみの契約はできません。

 

※「auひかり」のマンションタイプの場合は、「ひかり電話」のみの契約が可能で、その場合は、月額使用料が、1,400円になります。

 

INSネット64で電話番号を2つにする

今後、光回線を使ったインターネットの導入の予定がない場合は、月額600円で、2つの電話番号が持てる「ひかり電話」は使えません。

 

その場合は、家のアナログ電話を、デジタル回線の「INSネット64」に変えてしまう方が、アナログ回線を2本に増やすよりも割安です。

 

デジタル電話の「INSネット64」になれば、1本で2回線を同時に使うこと出来るほか、「iナンバー」に申し込み、月々300円を追加で支払えば、今の電話番号に加えて、もう1つの電話番号が持てます

 

「INSネット64」は、NTTが提供するISDN規格のデジタル電話のサービス名です。

 

すでに、「INSネット64」に加入している場合は、オプションサービスの「iナンバー」に申し込むだけで、追加の電話番号が取得できます。

 

電話番号が2つになるので、1つを通話用、もう1つをFAX専用の電話番号にしたりすることも可能です。

 

アナログの加入電話だった場合は、ダイアル回線でも、プッシュ回線でも、もう1本増設するよりは、「INSネット64」のデジタル回線に変えた方が、結果的に、2つ目の電話番号を使えるようにする費用が安くすみます。

 

月額基本料や回線変更の費用を確認したい時は?

加入電話の月額基本料や、アナログから「INSネット64」に変更した場合の費用などを知りたい時は、NTT東日本、NTT西日本の公式サイトが便利です。

 

加入電話のダイヤル回線、プッシュ回線、INSネット64の月額基本料を知りたい時はこちら。

 

 

 

アナログ回線からデジタル回線に変更した時の費用を知りたい時はこちら。

 

 

NTT西日本は、回線変更の申し込みページはあるものの「回線変更の費用」を掲載したページがないので、NTT東日本の変更費用一覧を参考にして下さい。

 

月々の電話の基本料は、自宅の住所の取扱所が、1級、2級、3級のどれなのかにも寄りますが、おおむね、住宅用より、事務用の方が、1.4倍〜1.5倍ほど高くなります。

 

NTT東日本の電話サービス取扱所の種類

 

NTT西日本の電話サービス取扱所の種類(PDFファイル)

 

 

 

 

電話加入権と施設負担金

電話まわりのお金のページを見ていると、わかりにくいのが、電話加入権と施設負担金です。

 

私たちと、NTTが加入電話の契約を結ぶと、ケーブル配線など、電話に関するサービスを受けることが出来るようになるわけですが、電話加入権とは、その権利のことです。

 

一方、施設負担金は、NTTの電話に加入する時の初期費用の一部として支払うお金です。

 

NTTの施設負担金は、以前は、72,000円でしたが、平成17年(2005年)春に、36,000円に値下げされました。

 

いずれにしろ、高額なため、現在では、初期段階で、この費用を支払わなくていい「ライトプラン」も登場しています。

 

ライトプランは、初期費用で、施設負担金を支払わなくていい代わりに、月々の利用料が少し割高になるプランです。

 

電話加入権を業者から購入することも出来る

 

電話加入権は、その権利を「売り買いする市場」も形成されています。

 

平成14年よりも前は、施設負担金がいらない「加入電話のライトプラン」がなかったため、けっこう高額で取引されていました。

 

平成14年2月からは、ライトプランが導入されたため、電話加入権の値段も下がり、今では、業者から電話加入権を買ったとしても、比較的安く手に入ります。

 

例えば、楽天市場で、「電話加入権」で検索すると、業者が販売する電話加入権が、8,000円〜12,000円くらいの値段で表示されます。

 

※「休止渡し」と「開通渡し」がありますが、休止渡しの場合は、自分で、電話の開通手続きをしなければならないため、その分、手間と費用がかかります。

 

アカウントを増やしたくて、電話番号が欲しい場合

「SNSなどの2つ目のアカウントを開設するために、新しい電話番号欲しい」と思う場合もありますよね。

 

ただし、SNSの複数アカウントの場合は、違うメルアドで代用できたり、アカウントを作るのに、必ずしも、違う電話番号が必要というわけでもないので、

 

以下に、主要なサービスの2つ目のアカウントの作り方をまとめました。

 

LINEの2つ目のアカウントの場合

LINEの場合は、基本的には、電話番号ひとつに対して、1アカウントという感じなのですが、

 

アカウントを登録する時の認証がSMS(ショートメッセージサービス)なので、SMS認証付きのSIMを入れたスマートフォンが、もう一台あれば、2つ目のLINEのアカウントが作れます。

 

ただし、LINEモバイルが販売しているSIMなら、SMSなしの「データ専用SIM」でも、認証は不要です。

 

LINEモバイルの「データ専用SIM」は、1G(ギガバイト)で、月額500円からあります。

 

(2019年2月 現在)

 

なので、例えば、中古のiPhoneか、Androidのスマホを買って、

 

LINEモバイルの「データSIM 1G」のコースを契約し、

 

そのSIMカードを、買ったスマホに挿せば、初期費用も安く、月額500円で、LINEのサブアカウントが運用できます。

 

ツイッターの2つ目のアカウント場合

ツイッターに2つ目のアカウントを追加する場合は、電話番号の代わりに、メールアドレスでも登録できます。

 

Gmailや、YahooMailなど、登録した時のメルアドと違うものを使えば、2つ目のツイッターアカウントが作れます。

 

Facebookの2つ目のアカウント場合

Facebookの場合、以前は、アカウントを1つしか作ることが出来ませんでしたが、2018年からは、複数アカウントの切り替えボタンが搭載されたりして、別垢を作る規制が少しゆるくなっているような感じです。

 

ただし、Facebookの利用規約には、ご自身のアカウントを1つだけ作成すること、と、記載されているので、アカウントを追加する場合は、「リスクもある」との認識の上、自己責任の範囲で、お願い致します。

 

新しいFacebookのアカウントを作るには、メインで使っているアカウントに登録してあるメルアドと、違うメールアドレスがあれば登録できます。

 

※必ずしも、もう1つの電話番号が必要なわけではありません。

 

メルカリのアカウントを増やしたい場合

メルカリの場合は、電話番号が2つあったとしても、同一人物が、複数アカウントを持つことは出来ません。

 

Amazonの二段階認証で、電話番号が2つ必要な場合

Amazonへのログイン時のセキュリティ強化で「二段階認証にするために、2つ目の電話番号が必要」ということもあるかと思います。

 

ただし、Amazonの場合は、

  • Google認証システム
  • Microsoft Authenticator

などの認証アプリを使っても、二段階認証をすることが出来ます。

 

なので、Amazonの二段階認証の場合も、必ずしも、2つ目の電話番号が必要というわけではありません。

 

 

 

 

 

 

What’s New